子育て 家族関係

親は黙ってしっかりと見守ることが大切(子育ての心理学)

 

親は黙ってしっかりと見守ることが

大切ということについて、

解説していきます。

(子育ての心理学)

 

親が子供に対して最もやらないと

いけないのは、子供のすることを

しっかり見守ってあげると

いうことです。

 

あれやこれや指図したり

心配しすぎたりしては

いけません。

 

子供の自由意志に任せて

ある程度、自由に行動させて、

それをしっかりと見守って

あげたらいいのです。

 

もちろん、危険なこと、

事故に遭いそうなことをしていたら、

止めるべきでしょう。

 

しかしながら、多少の失敗であれば、

いい経験になりますから、

ある程度、手綱を緩めて見守って

いればいいのです。

 

全くの放置はいけません。

時々、非常に危険なことをやろうと

するからです。

 

その時に気づかなかったら、

命を落としたり後遺症が残ったりと、

取り返しのつかないことに

なってしまう恐れがあります。

 

しかも、子供は、親が見守っている

ことが分かると安心して自由に

活動するのです。

 

ですから、見守っているか

見守っていないかだけで、

ものすごい違いがあるということを、

ぜひ、知っておいていただきたいと

思います。

 

 

スポンサーリンク

注目の記事

-子育て, 家族関係

© 2021 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5