リーダー論 人間関係 幸せの実現 社会の発展

愛は人と人を繋ぐエネルギー(人間関係)

 

愛は人と人を繋ぐエネルギーである

ということについて、解説して

いきます。

 

愛は、人と人を繋ぐ

エネルギーです。

 

愛すれば、二人がくっつき

カップルができ、夫婦が

できますよね。

 

ですから、愛とは、

引き付け合う磁力のような

エネルギーであることが

分かります。

 

家族を引き付け合い

強固にするのも愛の磁力です。

 

逆に、愛がなければ

磁力が弱まります。

 

だから、愛のないカップルは別れ、

夫婦は離婚し、家族はバラバラに

なるのです。

 

したがいまして、愛の深い人、

愛情の多い人、常に人を愛して

やまない人は、どんどんと

人間関係がよくなり、

多くの人との縁が生まれ、

人を引きつけ、多くの人に

協力してもらえるようになります。

 

また、コミュニティの中心と

なることもできるのです。

 

なぜなら、引きつける磁力を

持っているからです。

 

逆に、愛のない人、

愛情の少ない人、人を愛さない人は、

人を引きつける磁力を持たないため、

どんどんと人が離れていきます。

 

そして、ついには独りぼっちと

なってしますのです。

 

もちろん、このような人は、

コミュニティの中心とは

なれません。

 

もし、愛のない人が

コミュニティの中心となったら、

磁力がないため、どんどんと

人が離れていって、

そのコミュニティは破綻します。

 

したがいまして、

グループのリーダーには、

やはり愛のある人を選ぶべきです。

 

いずれにしましても、

愛は人と人をつなぐエネルギーである

ということを理解していただけると

よいかと思います。

 

 

 

 

スポンサーリンク

注目の記事

-リーダー論, 人間関係, 幸せの実現, 社会の発展

© 2021 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5