魂の成長 霊的な進化 瞑想と内観 マインドフルネス

マインドフルネスで観察の光を点すと暗闇は突然消え失せる(内観と瞑想、霊的進化)

 

マインドフルネスで

観察の光を点すと

暗闇は突然消え失せると

いうことについて、

解説していきます。

(内観と瞑想、霊的進化)

 

マインドフルネスで

内面を観察すると、

心に光が点されます。

 

その光とは、観察者です。

 

観察者とは、心の奥底で、

離れて客観的に思考や感情を

観察する事ができる何者かです。

 

実は、この何者かは、

自分の霊魂であり、

ハイヤーセルフと呼ばれる

存在であります。

 

まあ、早い話が、

本当の自分ということです。

 

我々は、思考や感情に

呑み込まれ、暗闇の中を

生きてきました。

 

暴力的思考や悪感情、

マイナス発想や恐ろしい思考など。

 

恐ろしい思考を継続すると、

悲しい事に、その思考が

現実化し始め、リアルな世界にも

恐ろしい出来事が起き始めます。

 

たとえば、毎日、暴力的な事

ばかり考えていると、やがて

実際に自分が暴力を振るって

警察沙汰になってしまったり、

あるいは、道で暴漢にばったり

出会ってケガさせられるなど、

恐ろしい出来事が起きてしまう

わけです。

 

また、失敗したらどうしようとか、

嫌われたらどうしようなどと、

マイナスの思考いっぱいで

不安がっていたりしましたら、

やはり、それが現実化して、

失敗しやすくなったり、

本当に嫌われたりするように

なるのです。

 

ですが、観察の光が点ると

暗闇は突然消え失せます。

 

どんな暗闇も光を照らせば

消え失せるのです。

 

なぜなら、その観察者は、

本当の自分であり、霊魂であり、

ハイヤーセルフであるからです。

 

本当の自分である霊魂、

ハイヤーセルフが目覚めると、

光を発し、暗闇を一瞬で

消し去ってしまうのです。

 

実は、暗闇は、光の不在で

あっただけであり、光がいないから

暗闇が存在できたのですね。

 

ですが、光が出現したら、

暗闇は存在できず、すぐに

消えてしまうのです。

 

したがいまして、

思考や感情を観察する事は、

すなわち、心に霊魂の光を

灯す事とお考えください。

 

そして、雑念や無駄な思考、

感情は、暗闇に属するもので

ありますから、光が灯されれば、

すぐに消えてしまうと

いうことです。

 

ちなみに、観察し続ける事は

結構大変で、すぐに忘れて

しまいます。

 

しかし、忘れずに長時間

観察する事ができるようになると、

脳内の松果体が活性化して、

観察し続ける事が

通常の状態になる時が来ます。

 

そうなると、まさに、霊魂、

ハイヤーセルフが目を覚ました

状態になり、覚醒するのです。

超人の誕生です。

 

以上、マインドフルネスで

観察の光を点すと暗闇は

突然消え失せるという

お話でした。

 

 

スポンサーリンク

-魂の成長, 霊的な進化, 瞑想と内観, マインドフルネス

© 2022 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5