魂の成長 霊的な進化 生き方

真の勇気は震えながらも一歩足を踏み出すこと(魂の成長と霊的進化)

 

真の勇気は震えながらも

一歩足を踏み出すことということ

について、解説していきます。

(魂の成長と霊的進化)

 

真の勇気は震えながらも

一歩足を踏み出すことです。

 

なぜなら、勇気とは、

肉体に精神が打ち克つことで

あるからです。

 

腕力がある、ケンカが強いとか、

それは真の勇気ではないです。

 

たとえば、新しい生き方を始める時、

人は誰しも恐怖を感じます。

 

それでも一歩を踏み出せる人は

勇敢です。

 

肉体が恐怖を感じても

精神が乗り越え、正しい行動が

できること、これが真の勇気です。

 

そして、面白い事に、

人生におきましては、

恐怖の後ろに奇跡が置いてある

ことが多いのです。

 

勇気を出して踏み出したら、

奇跡が起きてしまうように

なっているのですね。

 

思い出してみてください。

人生を良い方向に変える決断は、

たいてい勇気が必要だったはずです。

恐怖も感じたことでしょう。

 

それでも、恐怖を乗り越えて決断し、

前に進むことで、より良い運命を

つかみとることができるのです。

 

世の成功者は、チャンスが来た時に、

巨大な恐怖を乗り越えて、前に踏み出した

人達です。

 

チャンスには恐怖がくっついて

おりますので、恐怖に惑わされないように、

くれぐれも注意してください。

 

脳は、自分の肉体を守る事が

使命ですから、とにかく恐怖や不安で、

行動する事を妨害してきます。

 

それに打ち克つことが、

真の勇気であるということです。

 

以上、真の勇気は震えながらも

一歩足を踏み出すことという

お話でした。

 

 

スポンサーリンク

-魂の成長, 霊的な進化, 生き方

© 2022 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5