魂の成長 霊的な進化 生き方 成功哲学 問題解決

失敗と打開を繰り返せば、高みに登って行ける(生き方、成功哲学)

 

失敗と打開を繰り返せば、

高みに登って行けるということ

について、解説していきます。

(生き方、成功哲学)

 

「ああすれば良かった」と

落ち込むのは、後悔です。

 

たとえば、仕事で何か判断を誤って、

失敗してしまったとします。

 

すると、たいていは、後ほど

「ああすれば良かった」とか

「こうしたらうまくいったのに」とか、

色々と考えてしまいますよね。

 

しかし、そこで落ち込んで

しまうだけでは後悔でしか

ありませんし、そこで終わると

心がしんどいだけです。

 

したがいまして、

「次はこうしよう」と打開策を

考えてください。

 

たとえば、仕事で失敗した

のであれば、何が原因であって、

次はどうすれば失敗しないのかを

しっかりと分析するのです。

 

そして、打開策を明確に

打ち出せばいいのですね。

 

すると、失敗が経験と知恵に

変わります。

 

このように、実際に失敗して

苦しんだ後に、一生懸命に

原因を追究して打開策を出した

場合は、そこに体験も含まれて

おりますから、非常に成長

できるのです。

 

やはり、実際に失敗を経験して、

そこで悩み苦しみ、もがいて

あがいて這い上がるという体験が、

何よりも成長につながります。

 

このように、体験がからんで

きますと、魂レベルでの成長、

霊的レベルでの進化が

起きるのです。

 

また、人生におきましては、

似たような状況が繰り返し

やってきますので、次は突破でき

自信となります。

 

このように、失敗と打開を

繰り返していきましたら、

どんどんと失敗しなくなり、

実力もついて、高みに登って行ける

ということです。

 

高みに登って行きますと、

人生のステージが上がりまして、

人間としての幅も広がりますし、

実力者となって、多くの人から

頼られるようにもなって

行きます。

 

以上、失敗と打開を繰り返せば、

高みに登って行けるという

お話でした。

 

 

-魂の成長, 霊的な進化, 生き方, 成功哲学, 問題解決

© 2022 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5