出来事言語 故事成語 諺と名言名句 運命と人生

天地物を生ずるのに気象に観よという故事成語について

 

天地物を生ずるのに気象に観よ

という故事成語について、

解説していきます。

 

「天地(てんち)物を生ずるのに

気象(きしょう)に観(み)よ。」

(原文)観天地生物氣象。近思録より

 

天地自然を観察しますと、

絶えず、何かを、生み出そう

生み出そうとしていることが

分かります。

 

森羅万象すべてに

言えることです。

 

天地自然の理は、

創造にあります。

 

何かを絶えず創造して

いくのです。

 

さて、我々人間が成長する

ためには、森羅万象の原理・原則、

法則にのっとって、

生きていく必要があります。

 

天地自然の理の一つが、

創造することなのです。

 

私達も、創造すること、

生み出すことを、心がける

必要があります。

 

何かを創造するとき、

そこには生みの苦しみと、

生み出した達成感、喜びが

あります。

 

どんどんと創造し、

生み出していきましょう。

 

前向きで、建設的に生きて

いくことが求められます。

 

逆に、後ろ向き、破壊的な

思考や行動は改めましょう。

 

天地自然の理に反逆する

ことになります。

 

もちろん、創造のための破壊は、

創造の範疇に含まれます。

 

たとえば、新しいビルを

創造するために、古いビルを

いったん取り壊すように。

 

建設的になり、絶えず

何かを生み出しましょう。

 

 

 

注目の記事

-出来事言語, 故事成語, 諺と名言名句, 運命と人生

© 2021 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5