陰陽の法則 正負の法則 調和とバランスの法則 生き方 行動規範 運命と人生 故事成語

天の道は余っているところを減らして足りないところを補おうとする(調和とバランスの法則、振り子が振れる)

 

天の道は余っているところを

減らして足りないところを

補おうとするということに

ついて、解説していきます。

(調和とバランスの法則、振り子が振れる)

 

「天の道は、有余(ゆうよ)を損じて、不足を補う。」

老子のことばより。

 

この世界には、

調和とバランスの法則が

流れています。

 

世界はバランスをとろうと

するのです。

 

天の道は余っているところを

減らして足りないところを

補おうとします。

 

ですから、取り過ぎないことが

大切です。

 

行き過ぎると、

お手入れが入ります。

 

古代中国にて、

老子が生きていたのは、

紀元前6世紀ですが、

何とそんな昔から、

調和とバランスの法則は

認識されていました。

 

根源法則は、いつの時代にも

働いているので、いつの時代も

認識している賢者はいるものです。

 

天は、余ったところを減らして、

足りないところを補おうとします。

 

なぜかと言うと、

バランスというものが、

この世界の中心に据えられた

原理原則の一つであるからです。

 

行き過ぎると、極端に走りますから、

物事は壊れます。

 

実は、調和とバランスの法則は、

陰陽の法則や正負の法則からの

派生法則です。

 

この宇宙は、陰と陽、

プラスとマイナス、正と負、

表と裏を作りました。

 

なぜ、作ったのかと言われると、

そこは宇宙に聞かないと分からない

ところがありますが、根本原理と

なったのです。

 

陰と陽が交わって、

エネルギーが生まれる、

プラスとマイナスが交わって、

新しいものが生まれるのです。

 

そうすると、プラスばっかりだと、

うまくいきません。

 

マイナスばっかりでも、

うまくいかないのです。

 

また、陰にばかり突き進んでも

うまくいかないし、陽にばかり

突き進んでもうまくいかないのです。

 

宇宙は、陰と陽、

プラスとマイナスを作ったので、

その両方が活かし合えるように、

調和とバランスの法則も

自然発生的に生み出したと

いうことです。

 

本当は、陰陽の法則、正負の法則の中に、

プラスとマイナスのバランスを取ろうとする

作用が含まれています。

 

調和とバランスの法則に

つきましては、陰陽の法則や

正負の法則の作用の中で、

バランスを取ろうとする作用に

スポットを当てた呼び名となります。

 

以上、天の道は余っているところを

減らして足りないところを補おうとする

というお話でした。

 

 

-陰陽の法則, 正負の法則, 調和とバランスの法則, 生き方, 行動規範, 運命と人生, 故事成語

© 2022 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5