富を得る 幸せの実現 引き寄せの法則 徳を積む 成功哲学 生き方 鏡の法則

裕福な者は豊かになるための秘訣を知り習慣として実践し続けている(鏡の法則)

 

裕福な者は豊かになるための

秘訣を知り習慣として実践し

続けているということについて、

解説していきます。

 

どうすれば豊かになれるかを知り、

面倒がらずに習慣として

実践し続ければ、嫌でも裕福に

なっていきます。

 

でも、その方法を知らない人が

ほとんどであり、知っていても

実践しない人が多いのです。

 

ですから、裕福になりたいのなら、

まずは、裕福になる方法を

知らないといけません。

 

また、その方法については、

長期的に継続する必要が

ありますので、面倒がらずに

習慣化できる人でないと、

効果が出てこないのです。

 

では、どうすれば裕福に

なれるのか。

 

鏡の法則を使えば、

裕福になれます。

 

まずは、鏡の法則の

与えれば与えられる作用を

使います。

 

すなわち、毎月、

収入の10分の1を慈善団体に

寄付し続けるのです。

 

寄付すると、多くの人を

助けたり救うことができますので、

非常に価値の高いお金の使い方と

なります。

 

そして、与えれば与えられますから、

後ほど、10倍になって自分に

返ってくると言われています。

 

寄付すれば、誰かを救い、

助けることが出来るだけでなく、

10倍になって返ってくる

のですから、やらないのは

非常にもったいないです。

 

周囲の裕福な人、お金持ちを

見渡してみましょう。

 

その多くが、与え好きで、

慈善団体への寄付額も

莫大なものです。

 

これは、知ってか知らずか、

与えれば与えられる法則を

実践しているからですね。

 

「金持ち父さん貧乏父さん」の

著者として知られる

ロバート・キヨサキも、

収入の10分の1を寄付し

続けることを提唱しています。

 

また、彼の著書に出てくる

金持ち父さんのモデルになった方も、

収入の10分の1を寄付し

続けていたそうです。

 

いずれにしましても、

豊かになりたいなら、

収入の10分の1を寄付し

続けるとよいのです。

 

この秘訣を知らなかった人も

多いでしょう。

 

また、知っても、自分のお金が

減ってしまうから寄付は

したくないなどと言って、

実践しない人がほとんどです。

 

そのため、豊かになりたくても

なれない人が数多く存在する

のです。

 

ですので、本当に豊かに、

裕福になりたいのなら、

覚悟を決めて、収入の10分の1を

寄付し続けましょう。

 

次に、鏡の法則の想念現実化の

作用を使って、裕福になる方法です。

 

これは、想い続け、イメージし

続けたことは現実化するという

法則を使います。

 

引き寄せの法則とも

呼ばれていますよね。

 

常に、豊かになった状態、

裕福になった状態をイメージし

続けるのです。

 

そうすると、豊かになるために

必要なことが、インスピレーション

として閃くようになりますから、

どんどん行動していけば、

豊かさへの階段を上がっていけます。

 

あとは、しっかりと働き、

他者に貢献することです。

 

どれだけ多くの人に、

どれだけ深く貢献できたかが、

返ってくる富に関わってきます。

 

与えれば与えられるのですから、

より多くの人に、より深く

貢献できるよう工夫して

仕事をしていけば、

多くの報酬を得て、豊かに

なっていくのです。

 

以上のことを懸命に実践して

いけば、次第に豊かになって

いきます。

 

特に、収入の10分の1を

寄付し続ける方法は、

もっとも効果が高く、

確実に豊かになっていけますから、

ぜひ、実践していってください。

 

「でも、やっぱりやめとこう」

といって実践しない人が多いですが、

本当に実践した人だけが、

その効果を実感できます。

 

 

 

注目の記事

-富を得る, 幸せの実現, 引き寄せの法則, 徳を積む, 成功哲学, 生き方, 鏡の法則

© 2021 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5