繁栄の法則 生き方 成功哲学 行動規範 幸せの実現

自分の得意な事で勝負しないと勝てないし成功しない(成功哲学と生き方)

 

自分の得意な事で勝負しないと

勝てないし成功しないということ

について、解説していきます。

(成功哲学と生き方)

 

自分の得意な事で勝負しないと

勝てないし成功しないです。

 

なぜなら、世の中は

そんなに甘くなくて、

競合するライバルがひしめいて

いるからです。

 

自分の得意な事で

最大限の力を発揮しないと、

ライバルたちの中で埋もれて

しまうのですね。

 

自分の得意な事とは、

やっていて楽しい事、

自分では簡単に感じるのに、

なぜか他者から称賛される

ような事です。

 

他の人は苦痛と感じるのに、

自分は苦痛とは感じず、

逆に楽しいと感じる事も、

得意な事と言えるでしょう。

 

極端な例で言えば、

ハサミは切る事は得意ですが

釘を打つのは金槌の方が

得意なわけです。

逆も同じです。

 

なぜなら、ハサミは切る為に

特化した形をしていて、

切る為に都合の良い動きも

できるからです。

 

また、金槌だって、

釘を打つのに最適な形状を

していて、特化している

からです。

 

人間はもっと応用が利きますが、

やはり得意な事が最も力を

発揮できます。

 

そして、得意な事は

過去生で培った才能でもあるので、

徹底的に追求し、それで勝負すると

良いでしょう。

 

ここで知っておいて

いただきたい事は、才能とは、

今回の人生だけで培ったもの

ではないという事です。

 

何回にも及ぶ過去生で、

才能を磨いてくるのですね。

 

才能は、輪廻転生を超えて、

引き継がれるからです。

 

過去生において、

何回も繰り返し磨いてきた才能

であれば、ライバルに大きく

水を開けて勝利する事ができますし、

その才能を使って、世の中に

貢献できるということです。

 

以上、自分の得意な事で

勝負しないと勝てないし

成功しないというお話でした。

 

 

スポンサーリンク

-繁栄の法則, 生き方, 成功哲学, 行動規範, 幸せの実現

© 2022 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5