トランスパーソナル心理学 運命と人生 魂の成長

自我は一度形成されてからでないと超えられない(トランスパーソナル心理学)

 

自我は一度形成されてからでないと

超えられないということについて、

解説していきます。

(トランスパーソナル心理学)

 

トランスパーソナル心理学では、

自我の超越を説いています。

 

しかしながら、今すぐに、

自我の超越に取り組んでいいかと

言いますと、そうではないのです。

 

実は、自我を超越するには、

まずは、自我がしっかりと

形成される必要があるのです。

 

物事には順序があり、

一足飛びに、次の段階には

移れないのです。

 

たとえば、柿の木があって、

柿の実ができたとします。

 

でも、まだ、青色の柿であり、

熟していません。

 

いきなり自我を超越しようとするのは、

まさに、まだ青い柿の実を、

もぎ取ろうとする行為なのです。

 

まだ、熟しておらず、

時が来ていませんから、

もぎ取っても、おいしくないし、

苦いし、無理にもぎ取ろうと

するから、非常な痛みを

伴うのです。

 

そうではなくて、柿の実が

しっかりと熟成して、

オレンジ色になって、時が来たら、

柿の実は、自然と落ちてくるのです。

 

時が来たら、自然と落ちてくる

のですから、無理に、もぎ取ろうと

してはいけないことが、

お分かりいただけると思います。

 

したがいまして、自我を超越しようと、

無理に、自我を落とそうとしたり、

壊そうとしてはいけません。

 

下手をすると、狂人になって

しまいますよ。

 

そうではなく、まずは、

自己実現を図り、自分自身は

何者なのかをしっかりと形作り、

世間的にも成功できるように、

一生懸命努力すべきです。

 

そして、自我がしっかりと

形成されて、物質的にも社会的にも

満たされているのに、なぜか虚しさを

感じ始めた時に、内観や瞑想を

始めていけばいいのです。

 

内観や瞑想をおこなって、

自分自身を観察していきますと、

自我が溶け去って、無の境地に

いたることができます。

 

しかしながら、自我が形成されて

いない早い段階からおこないますと、

なかなか、うまくいかないのです。

 

なぜなら、溶け去る対象の

自我そのものが、まだできていない

状態では、内観や瞑想も、

なかなか超越効果を発揮できない

からです。

 

以上のことから、焦って、

自我を消滅させようとしないで、

まずは、しっかりと自我を形成して、

時が来るのを待つことが大切と

いうことをよくよく認識して

おいてください。

 

 

スポンサーリンク

注目の記事

-トランスパーソナル心理学, 運命と人生, 魂の成長

© 2021 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5