鏡の法則 類友の法則 因果の法則 人間関係

結局の所、人にやられて自分が嫌だった事を他人にしなければいいだけ(鏡の法則と人間関係)

 

結局の所、人にやられて

自分が嫌だった事を他人に

しなければいいだけということ

について、解説していきます。

(鏡の法則と人間関係)

 

人間関係をスムーズにして、

災難から身を守るためには、

どうすればいいのでしょうか。

 

実は、その答えは、

とてもシンプルです。

 

結局の所、人にやられて

自分が嫌だった事を他人に

しなければいいのです。

 

たったそれだけで、

人間関係うまくいくのです。

 

なぜなら、この世界には、

鏡の法則や因果律が働いている

からですね。

 

人にやられて

自分が嫌だったことを

他人にしないようにすれば、

鏡の法則や因果律の作用により、

自分も、その嫌なことを

されなくなるということです。

 

すると、当然ながら、

人間関係もよくなるし、

人間関係にまつわる災難に

遭遇することもなくなると

いうことなのです。

 

また、逆に、

他者にしてもらって

自分が嬉しかった事は、

他人にどんどんすれば

いいのですね。

 

たったそれだけで、

人生はどんどん幸せに

なっていくのです。

 

なぜなら、全て鏡のように

自分に跳ね返ってくるからです。

 

日本のことわざには、

人の振り見て我が振り直せ

という素晴らしいことわざが

ありますが、まさに、

鏡の法則を表現したことわざで

あったりします。

 

いずれにしましても、

鏡の法則や因果律を

しっかりと理解して、

他者に対しておこなう言動や

想念に注意するようにして

いきましょう。

 

以上、結局の所、

人にやられて自分が嫌だった事を

他人にしなければいいだけ

というお話でした。

 

 

-鏡の法則, 類友の法則, 因果の法則, 人間関係

© 2022 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5