人間関係 雑談の活用

「はあ、そうですか」で終わらず自分の気持ちを付け足す(雑談の活用と人間関係の構築)

 

「はあ、そうですか」で終わらず

自分の気持ちを付け足すということ

について、解説していきます。

(雑談の活用と人間関係の構築)

 

雑談におきましては、

相手が何かを話してくれた時、

「はあ、そうですか」で終わって

しまってはいけません。

 

そんなことをしますと、

雑談そのものが終わって

しまいます。

 

そうではなくて、

相手が何かを話してくれた時は、

まず、相手の言葉をオウム返しにして、

その後に、自分の気持ちを

付け足すと良いでしょう。

 

たとえば、相手が

「○○っていう映画、面白かったよー」

と話してくれたとします。

 

その時に、「はあ、そうですか」で

終わってしまってはいけません。

 

そうではなくて、

「○○っていう映画、面白かったんですね」

とオウム返しにして

こちらがきちんと話を聞いていることを

アピールした後に、

「実は、その映画、私も見ましてね」

「ラストシーンが良かったですよね」とか、

「○○という俳優さんは人選ミスだと思いましたね

」などと、自分の感想や気持ちも

述べるといいのです。

 

そうしますと、相手も、

ラストシーンや俳優さんについて

話題を広げることができますから、

話しやすくなるのです。

 

このように、こちらも

新たな情報を付け加えて、

相手が話しやすいように

話題を広げていくことで、

雑談を盛り上げることが

できるようになるのですね。

 

以上、「はあ、そうですか」で

終わらずに、自分の気持ちや

感想を付け足すと良いという

お話でした。

 

 

スポンサーリンク

注目の記事

-人間関係, 雑談の活用

© 2021 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5