カルマの法則 人間関係 生き方 自己実現 問題解決 運命と人生 職場の心理学

嫌な人に無理に合わせると心を極度に消耗する(人間関係、自分らしさ)

 

嫌な人に無理に合わせると

心を極度に消耗するということ

について、解説していきます。

(人間関係、自分らしさ)

 

嫌な人に無理に合わせるのは

心を極度に消耗します。

 

なぜなら、もともとの自分の心を

抑圧して、相手に合わせようと

無理をするからです。

 

しかも、好きな相手ならまだしも、

嫌な相手に無理に合わせるとなると、

心の負担は、ものすごくなるのです。

 

その結果、心の力を極端に消耗し、

ひどく疲れてしまうのです。

 

その結果、最悪な場合、

心を病んでしまったりするので

注意が必要です。

 

今までの時代は、嫌な人にも

無理に合わせないと生きて

いけない時代でした。

 

嫌いな人との付き合いは、

人格形成に必要なことだと

言う人も多かったのです。

 

それは、確かに間違いでは

ありません。

 

自分とは価値観が異なったり、

好きではない人と過ごす事も、

確かに勉強になる事であるからです。

 

しかし、現代では、

インターネットによる多様な

コミュニケーションが生まれ、

気の合う人とだけ生きてくのも

可能となりつつある時代です。

 

ですから、いきなりは難しい

でしょうけれど、嫌いな人との

接点を少しずつ外していき、

大好きな人と一緒にいられるように、

人間関係をシフトしていくのが

得策となってきています。

 

もちろん、人間関係のカルマを

解消しないと、縁は切れませんし、

離れる事はできません。

 

しかしながら、巨大なサイクルが

終焉を迎え、カルマが一気に

噴き出して解消されていくにつれて、

人間関係のしつこいカルマが

なくなっている人も多くなって

きたのです。

 

カルマがなくなった人間関係で

あれば、それは容易に解消できます。

 

ですので、インターネットによる

人間関係の多様性による変化に加えて、

巨大サイクルが終焉したことによる

カルマの解消が、現代の人間関係を

形作っていると言えるのです。

 

そのような次第ですから、

嫌いな人に無理に合わせる人間関係は

少しずつ止めるようにして、

好きな人と付き合っていけるよう、

人間関係の形をシフトしていくように

すると良いでしょう。

 

もう、新時代が始まっているのです。

昔のような、カルマにがんじがらめに

された人間関係は、卒業しても

よくなってきたということです。

 

以上、嫌な人に無理に合わせると

心を極度に消耗するという

お話でした。

 

 

-カルマの法則, 人間関係, 生き方, 自己実現, 問題解決, 運命と人生, 職場の心理学

© 2022 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5