恋愛心理学 男性と女性

恋をするとフェニルエチルアミンが分泌され綺麗になる(恋愛心理学)

恋をするとフェニルエチルアミンが

分泌され綺麗になるということに

ついて、解説していきます。

(恋愛心理学)

 

フェニルエチルアミンは、

脳内物質なのですが、

恋をすると分泌されることが

科学的に判明しております。

 

この脳内物質が分泌されると、

肌がきれいになったり、

食欲を抑制する作用もあり、

目にも潤いと力を与えます。

 

また、気持ちもポジティブに、

前向きにする効果もあります。

 

脳下垂体から分泌され、

性的な興奮と快感に関連している

神経伝達物質なのです。

 

したがいまして、

女性が急にきれいになって、

肌つやも良くなったら、

恋をしてるんだなと判断すると

良いでしょう。

 

また、女性がきれいになりたいと

思うなら、どんどん恋をして、

フェニルエチルアミンを

たくさん分泌させれば

いいのですね。

 

恋愛には、脳内物質も

関わってくるということを

ぜひ、知っておいてください。

 

 

スポンサーリンク

注目の記事

-恋愛心理学, 男性と女性

© 2021 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5