恋愛心理学 男性と女性

男女がキスをするとストレスホルモンが減少する(恋愛心理学)

 

男女がキスをすると

ストレスホルモンが減少する

ということについて、解説して

いきます。(恋愛心理学)

 

男女がキスをしますと、

コルチゾールという

ストレスホルモンが減少する

ことが科学的に分かっております。

 

そしてまた、キスをすると、

性欲が刺激されて幸せな気持ちに

なることも分かっております。

 

したがいまして、

キスをすることでストレス解消が

できるのですね。

 

ですので、恋人とは、

できるだけキスをした方が

幸せになれますし、

夫婦関係であっても、毎日キスを

することで、ストレス解消となって、

元気に過ごしていけるのです。

 

実は、恋愛は健康にも良いと

いうことがお分かりいただけると

思いますので、どんどん恋愛を

しましょう。

 

どんどん恋をしましょう。

人生どんなにがんばっても

今は100歳まで生きられるか

どうかであり、短い人生なのですから、

思いっきり恋をしたらいいのです。

 

生きているという実感を

もっとも感じられるのは、

恋をしている時では

ないでしょうか。

 

常に恋をして、恋をしていない

時間がないくらいにしている方が

ずっと若々しく生きていけます。

 

 

スポンサーリンク

注目の記事

-恋愛心理学, 男性と女性

© 2021 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5