夫婦関係 子育て 家族関係 心理学 生き方 男性と女性

夫婦間コミュニケーションが育児不安を減らす(子育てと夫婦の心理学)

 

夫婦間コミュニケーションが

育児不安を減らすということに

ついて、解説していきます。

(子育てと夫婦の心理学)

 

子供が生まれると、

母親は子育てに忙しくなり、

夫婦間のコミュニケーションが

著しく減少します。

 

もちろん、子供が生まれると、

子供中心の生活になりますから、

それは当然のことなのですが、

夫婦間のすれ違いも大きく

なってきます。

 

また、これまでは、夫婦間で

ラブラブであったとしても、

子供が生まれると、関心や注目は、

全て子供に行きますので、

夫婦間のラブラブ度は、

心理学的には、80%ほど減少する

と言われています。

 

したがいまして、さらに、

夫婦間のすれ違いが大きくなり、

ケンカしたり、いがみあったり、

コミュニケーション不足が

目立つようになります。

 

そこで、子供が生まれると、

より一層、夫婦間で

コミュニケーションを取る努力が

必要ということなのです。

 

育児不安や虐待の大部分が、

夫婦間のコミュニケーション不足

から発生します。

 

ですので、夫婦間の

コミュニケーションをしっかり

取るようお互いに努力することで、

育児不安や虐待を未然に

防ぐことができるように

なるのです。

 

あなたの家庭では、

夫婦間のコミュニケーションが

しっかりと取れています

でしょうか。

 

夫婦共通の話題として、

子供の話題があるのですから、

毎日、子供の話題で

花を咲かせるようにしてください。

 

そうすれば、育児不安で

悩んで深刻な事態になったり、

虐待をおこなって警察に逮捕

されるようなことも

少なくなります。

 

 

スポンサーリンク

注目の記事

-夫婦関係, 子育て, 家族関係, 心理学, 生き方, 男性と女性

© 2021 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5