使命と天命 幸せの実現 成功哲学 生き方 運命と人生

みんなと同じ人生には退屈と窮屈さが常につきまとう(生き方)

 

みんなと同じ人生には

退屈と窮屈さが常につきまとう

ということについて、

解説していきます。

(生き方)

 

みんなと同じように生きると、

安心安全な人生を送って

いけるように感じる方も

多いかと思います。

 

また、親は、いい大学に

入って、いい会社に

入りなさいと言います。

 

一流企業に入りなさい、

医者や弁護士になりなさいと

言う親もいました。

 

いわゆるエリートコース

ですね。

 

しかし、このような人生を

親の言うままに送っていくと、

ある時、気づきます。

 

「俺は本当は何をしたいんだ?」

「これは私の人生ではない」と

感じる時が来るのです。

 

そして、退屈さと窮屈さに

押し潰されそうになっている

自分に気づくのです。

 

ここで大事なことは、

親の時代とは、ずいぶんと

時代が変わってきていると

いうことです。

 

「みんなと同じが正義」

ではなく、

「みんなと違うことが力を持つ」

時代になってきている

ということです。

 

インターネットが浸透し、

SNSが広まり、YouTube

などの動画システムも広まって

きておりますから、個性的で

あることが注目され、

必要とされるのです。

 

そんな時代ですから、

みんなと違うことを考え、

みんなと違うことをする方が

大切になったということですね。

 

したがいまして、みんなと

同じ人生を送って退屈さと

窮屈さに耐えながら

生きていくのではなく、

自分らしさを追求する生き方に

シフトしていく必要が

あります。

 

自分の感覚、心、

フィーリングに従って生きる

ということが大切と

なってきています。

 

進路だってそうです。

親が言うから、みんなと

同じ方向だからと選んでは

いけないのですね。

 

そうではなくて、自分の心が

楽しいと感じる方向、

ワクワクする進路を選んで、

進んでいく必要がある時代に

なったのです。

 

そしてまた、みんなと

同じ方向に進めば

安心安全とは限らない時代

にもなってきております。

 

 

 

スポンサーリンク

注目の記事

-使命と天命, 幸せの実現, 成功哲学, 生き方, 運命と人生

© 2021 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5