生き方 目標達成

目標達成にパレートの法則を活用する

 

目標達成にパレートの法則を

活用するということについて、

解説していきます。

 

パレートの法則とは、

この世界のあらゆるものは、

全体の2割の部分が、

全体の8割を生み出している

という法則です。

 

80:20の法則とも呼ばれており、

イタリアの経済学者である、

ヴィルフレド・パレートにより

発見されました。

 

この法則は、非常に面白いのですが、

何にでも当てはまりますから、

どんどん使ってほしいものです。

 

たとえば、会社の業績の80%は、

なんと、優秀な20%の社員によって、

生み出されています。

 

逆に、80%の社員は、

全体の20%の業績しか

生み出していないのです。

 

また、世界の財産の80%は、

たった20%の富裕層が

所有しています。

 

他にもいろいろあるのですが、

どのようなことでも、

20%の部分が、全体の

80%を生み出すと

いうことなのです。

 

このパレートの法則については、

目的を達成する戦略として、

非常に役立ちます。

 

どのように使えるかと言いますと、

ある目標を達成したいと考えた時、

まず、その目標を達成する方法を

色々考えて、メモに10個の方法を

書き出すのです。

 

そして、次に、書き出した

10個の方法を、難しくて効果の

あるものから順番に並べ替えて

いきます。

 

一番下に、最も簡単なものが

来るはずです。

 

それができましたら、今度は、

最も難しいものと2番目に

難しいものだけ残して、

後の8個の方法は消して

しまいます。

 

そうしますと、2つの方法が

残ります。

 

実は、この方法が、

パレートの法則で言う20%、

全体の80%を達成可能な

方法なのです。

 

また、目標達成に効果があるものは、

やはり、難しいものなのです。

 

したがいまして、

難しい2つの方法だけに集中して、

実施していくことにより、

大きな効果を発揮して、

目標達成を成し遂げることが

できるということです。

 

なお、難しい2つの方法については、

そのままでは、実現が困難ですので、

分解作業をおこないます。

 

複雑に見える物事は、実は、

シンプルなことが絡み合って、

複雑に見えているだけなのです。

 

そこで、難しいと思われる方法を、

どんどん要素に分解していき、

何をすればいいのか、

具体的な作業にまで、

分解してしまうのです。

 

そうすれば、後は、

分解された具体的な作業を、

一つ一つ実行に移すだけです。

 

このようにして、目標達成を

成し遂げることができるのです。

 

多くの成功者が実践している

目的達成法ですので、

ぜひ、やってみてください。

 

 

スポンサーリンク

注目の記事

-生き方, 目標達成

© 2021 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5