人間関係 生き方 鏡の法則

他者を批判してばかりの人は自分も批判される人生を送る(鏡の法則)

 

他者を批判しているだけの人は、

自分も批判されるだけの人生を送る

ということについて、解説して

いきます。

 

いつも他人を批判しているだけの

人っていますよね。

 

そのような人は、

鏡の法則の作用により、

自分も他者から批判される

ようになります。

 

すなわち、他人を批判している

だけの人は、他者から批判される

だけで終わってしまうと

いうことです。

 

これでは、あまりにも、

もったいない人生です。

 

もちろん、どんな体験も、

魂の成長の糧となりますから、

批判して批判される人生も

学びとなります。

 

しかし、それだけで終わりたく

なかったら、まずは、他者への

批判をやめることです。

 

そうすれば、鏡の法則の作用により、

まずは、自分への批判がやむように

なります。

 

そして、批判をやめるだけでなく、

自分磨きを懸命に行って

いただきたいと思います。

 

人間は無限の可能性を秘めており、

磨けばいくらでも大きく高く

素晴らしくなれます。

 

我々人間は、右脳のほんの

数パーセントしか使っていません。

 

自分磨きをおこなって、

右脳を活性化することにより、

いくらでも高みに登って

いけるのです。

 

せっかく、高みに登っていける

可能性を天から与えられている

のですから、そのチャンスを

使わないのは、非常にもったいない

ことです。

 

他者の批判ばかりで人生を送る人は、

ほとんどの場合、自分に自信がなく、

成し遂げたい夢や目標もありません。

 

自分に自信がないため、

他者を批判して、一瞬だけの

優越感に浸って、自分の心を

ごまかしているのです。

 

それでは、先に進めませんから、

ぜひ、自分磨きを懸命に行い、

他者への批判が無駄に思えてくる

くらいまでになっていただきたいと

思います。

 

実際、自分磨きにより成長する

喜びを知ってしまったら、

他者への批判をしている暇が

なくなります。

 

その馬鹿馬鹿しさに気づいて

しまいます。

 

また、他者を批判して

一瞬だけの優越感を得る必要も

なくなるので、自然と批判

しなくなります。

 

さらには、自分に力が付き、

自信が出てきますと、逆に、

他者を賞賛したくなってきます。

 

なぜなら、人は、周囲に自分を

見るからです。

 

自分に力が付いて自信が

付いてくると、うまくいっている

他者を見たときに、

「この人もよく頑張ってきたんだな。

賞賛に値する。見習わなくては」と

考えるようになります。

 

そうなると、鏡の法則の作用により、

自分も周囲から賞賛されるように

なります。

 

この世界は鏡の世界であり、

相手に対する言動や想念は、

そっくりそのまま自分にも

返ってくるからです。

 

いずれにしましても、

他者を批判する暇があったら、

自分磨きに懸命になりましょう

というお話でした。

 

 

 

スポンサーリンク

注目の記事

-人間関係, 生き方, 鏡の法則

© 2021 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5