人間観察 人間関係 雑談の活用

マニアックな人と雑談するとマニアックな話題にしかならない(雑談の活用と人間関係)

 

マニアックな人と雑談すると

マニアックな話題にしかならない

ということについて、

解説していきます。

(雑談の活用と人間関係)

 

マニアックな人と雑談すると、

どうしても、マニアックな話題に

なっていきます。

 

なぜなら、マニアックな人は、

マニアックな世界に住んでいて、

その世界の言葉しか

知らなかったりするからです。

 

たとえば、海外に行くと

相手はたいてい、その国で

使われている言葉を話しますが、

それと似たようなところが

あります。

 

マニアックな世界には、

マニアックな言語があるのです。

 

したがいまして、マニアックな人と

楽しい雑談を交わしたいなら、

その分野について、自分自身も

情報を持っておく必要があります。

 

そうしないと、話について

いけないからです。

 

ですが、全く興味のない分野だと

情報を仕入れるのも結構疲れますので、

雑談を開始する前に、本当に

コミュニケーションを取りたいのか、

本当に仲良くなりたいのか、

本当に親しくなりたいのか、

自問自答した方が良いでしょう。

 

その結果、どうでもいい相手

であれば、天気の話でも軽く

しておいて、そそくさと

退散するのが無難です。

 

軽く天気の話をしただけなのに、

マニアックな言葉で返してくる

こともあり、イラッとするかも

知れませんが、相手も悪気はないので、

上手に雑談を収束させましょう。

 

逆に、どうしても仲良くなりたい相手

と判断しましたら、懸命に、

その分野の勉強をして、

自分もどっぷりとはまってみる覚悟が

必要です。

 

もちろん、ご自身も同じ分野で

マニアックなところがある場合は、

雑談も弾みますから、特に心配は

要りません。

 

 

スポンサーリンク

注目の記事

-人間観察, 人間関係, 雑談の活用

© 2021 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5