成功哲学 生き方 行動規範

今自分にできないことには可能性が広がっていると考える

 

今自分にできないことには

可能性が広がっていると考える

ということについて、

解説していきます。

 

今自分にできないからと言って、

今後もずっとできないわけでは

ありません。

 

逆に、そのできないことを攻略し、

できるようになれば、今までの

自分にはなかった新たな可能性が

広がってくるのです。

 

たとえば、英語ができない人が

いましたら、英語ができるように

なれば、世界中の人達と

コミュニケーションが

できるようになり、人生が開ける

わけです。

 

したがいまして、今自分に

できないことがあればあるほど、

まだ見ていない景色や可能性が

広がっていると考えると

良いでしょう。

 

また、今できないことは、

封印された将来のドアとも

考えられます。

 

もし、今、何でもできるのであれば、

それ以上の景色や可能性はない

ということになります。

 

そうではなくて、

できないことがあれば、

それができるようになった途端に、

行動範囲や活動範囲が増えると

いうことを意味しているのです。

 

ですから、できないことが多いと

嘆く必要はありません。

 

前向きに、人生の可能性を開く

ドアが無数にあると考えれば

いいのです。

 

そして、できないことの中で、

自分の人生の可能性を最も

開いてくれそうなことを努力して

できるようになりましょう。

 

そうすれば、一つ、

人生の可能性が開けることに

なるのです。

 

このように、一つ一つ、

ドアを開けていくことで、

人生は、どんどん開けていきます。

 

よく、「私にはできないことばかり。

こんな人生つまんない」と考えている

人がいますが、そうではないのです。

 

「私にはできないことばかり。

それだけ多くの可能性が開けている」

と考えるようにしましょう。

 

そして、努力して勉強して身に付けて、

今できることをどんどん増やして

いってください。

 

そうすれば、人生はさらに輝き、

明るくなり、自由になり、

素晴らしいものとなり、

開けてくるのです。

 

何かができるようになると、

その分、自由が増えます。

選択肢も増えます。

 

したがいまして、自由を増やし、

人生の選択しを増やしたい人は、

ぜひ、努力して勉強を重ね、

選択肢を増やしていって

いただきたいと思います。

 

できることが増えると、

収入を得る機会も増えますから、

結果的に、裕福にもなって

いけます。

 

 

 

注目の記事

-成功哲学, 生き方, 行動規範

© 2021 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5