生き方 成功哲学 自己実現 目標達成 運命と人生 リーダー論 才能強化と右脳開発 行動主義心理学

成功体験を味わうと人は自信を持つ(性格改善、自己肯定感)

 

成功体験を味わうと

人は自信を持つということ

について、解説していきます。

(性格改善、自己肯定感)

 

成功体験を味わうと、

人は自信を持ちます。

 

なぜなら、成功して、

うまくいった時に、

「俺でもできるんだ」

「私にも可能だった」と確信し、

自信がみなぎるからです。

 

また、一度、成功して

しまいますと、それが脳に

記憶されて、今後、何かを

判断する時に、毎回、

その判断材料として使われる

ようになるからです。

 

人生の岐路に立たされた時に、

「あの時できたんだから、

今度もできるはず」という

選択肢が、新たに追加される

のですね。

 

ですから、一度でも

成功したことがある人と、

ない人では、行動に大きな

差ができるし、自信の強さも

全く異なるということです。

 

たとえば、事業を起こして

会社を成功させた社長さんが、

全くの無一文の人になりすまして、

そこから再起できるかという

チャレンジをYouTubeで

やっていたことがあります。

 

面白かったのですが、

やはり、一度成功している

社長さんは、考え方や行動力が

全く違い、アイデアも

たくさん出て、自信を持って

活躍し、再起を果たしました。

 

このように、一度でも成功して、

記憶に焼き付いている人は、

何度でも成功できるようになるし、

その分野で、また成功できる

根底からの強い自信を持つことも

できるようになるのです。

 

したがいまして、とにかく、

成功体験を持つことが、

何よりも大切ということです。

 

特に、若いうち、

小さいうちから、

成功体験をした人と、

そうでない人では、その後に

人生で成功する確率は、

大きく異なってきます。

 

若いうち、小さいうちから、

色んな事がうまく行って

成功体験を積んでおりますと、

自信につながり、自信は

プラス発想につながり、

引き寄せの法則によって、

成功を引き寄せるからです。

 

ですから、親御さんは、

子供さんが幼少期のころから、

小さなことでいいので、

できるだけ多くの成功体験を

積ませてあげる必要が

ありますね。

 

そのような理由からも、

子供さんを褒めて育てるのは

大切です。

 

褒められるということは、

成功体験であるからです。

 

たくさん褒められたと

いうことは、たくさん

成功したのだと、脳も記憶

するのです。

 

また、いきなり大成功は

難しいので、小さな体験で

十分です。

 

ですので、自信を持ちたい人は、

何かに一生懸命に取り組み、

小さなゴールでもいいので、

成果を出してください。

 

最初は、些細なことでも

いいです。

 

朝早く起きれたとか、

ありがとうと言えたとか、

挨拶できたとか。

 

小さな目標をクリアできたら、

少しずつ大きな目標に

挑戦しましょう。

 

特に、褒められたら

成功したと感じることが多い

ですので、他者に褒められるよう

頑張りましょう。

 

また、周囲の人が何か達成したら、

小さなことでも、たくさん

褒めてあげてください。

 

すると、その人にとっても

成功体験となりますし、

鏡の法則により、後で、

自分も誰かから褒められる

ようになるからです。

 

このように考えますと、

やはり、褒める事って、

誰の人生にとっても、

非常に大切な事ですよね。

 

以上、成功体験を味わうと

人は自信を持つという

お話でした。

 

 

-生き方, 成功哲学, 自己実現, 目標達成, 運命と人生, リーダー論, 才能強化と右脳開発, 行動主義心理学

© 2022 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5