人間関係 雑談の活用

単調にならないよう色んな種類の相槌を用意しておく(雑談の活用と人間関係)

単調にならないよう色んな種類の

相槌を用意しておくということ

について、解説していきます。

(雑談の活用と人間関係)

 

雑談を成功させるには、

効果的かつタイミングの良い相槌を

打って、相手が話しやすいように

していく必要があります。

 

しかしながら、いつも同じ

相槌ばかり打っておりますと、

少々、単調になって

しまいますよね。

 

そこで、常日頃から、

色んな種類の相槌を用意して

おくと良いでしょう。

 

「ええ」とか「はい」ばかりでは、

単調になるので、「なんと!」

「へえ!」「すごいですね!」

「それは知りませんでした!」

「いいこと言いますね!」「初耳ですよ」

「そんなことがあったんですか!」

「本当ですか、それは」「こりゃ、驚いた!」

「びっくりぽん!」「驚き、桃の木、山椒の木」

「腰抜かしそうになりました」

「嘘でしょ?そんなことあるの?」などなど、

色んな相槌の打ち方を用意しておくと

よいでしょう。

 

テレビなどで、お笑い芸人などの

反応をじっくり観察していると、

相槌やリアクションの勉強になります。

 

また、他者と雑談する時は、

相手がどんな相槌を打ち、

どんな反応をするのか

常によく観察しておいて、

使えるものを見つけたら、

自分でも使うように取り入れて

いけばいいのですね。

 

相槌の打ち方であれば、

著作権などの制限もありませんから、

勝手に使ってもいいし、

どんどん真似したらいいのです。

 

いい相槌があれば、遠慮せず

真似しましょう。

 

以上、単調にならないよう

色んな種類の相槌を

用意しておくと良いという

お話でした。

 

 

スポンサーリンク

注目の記事

-人間関係, 雑談の活用

© 2021 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5