夢分析 夢占い 運命と人生

夢には検閲機能が働くため願望がストレートに表現されない(夢分析と夢占い)

 

夢には検閲機能が働くため

願望がストレートに表現

されないということについて、

解説していきます。

(夢分析と夢占い)

 

夢の世界では、何でも

かんでも思うように見る

ことができると考えている人

もいるかもしれません。

 

しかしながら、夢であっても、

脳の検閲機能が働きますので、

願望がストレートに表現される

ことは少ないということを

知っておいていただきたいと

思います。

 

検閲機能とは何なのかと

申しますと、それは、道徳的に

許されないことなど、

脳が日常生活において

自分を律している機能で

あります。

 

日中、脳が自分の言動や

思考を道徳的に許されない

ことをしないように制限したり

規律を持っているのですが、

その機能が夢の中でも働く

ということです。

 

人間心理におきましては、

普段からやってはいけない

ことが脳内に記録されている

ものです。

 

そして、その自制心が

夢の中でも働いて検閲され

ますから、暴力的な欲求、

本能から来る肉欲については、

夢の中では検閲されて、

あいまいな物や異なる物と

して出てくることが

多いのです。

 

夢がぼんやりしているのは、

自制心と検閲機能が働いている

からでもあるのですね。

 

ストレート直球で暴力的な

欲求や肉欲を夢に表現できない

ようになっているということ

であります。

 

もちろん、自制心が少なく、

日中から自分を律することが

少ない人は、夢の中であっても

検閲機能があまり働かないので、

ストレート直球のはっきり

した夢を見ます。

 

したがいまして、制限の

かかったぼんやりとした夢

ばかり見る人は、日中において、

あまりにも自分に禁止事項を

課したり、ストイックに

なりすぎていないか、

チェックが必要となるでしょう。

 

逆に、あまりにも

ストレートすぎる夢ばかり

見る人は、日中において、

あまりにも本能のおもむく

ままに行動して、自制心に

欠けていないか、チェックする

必要があるかもしれません。

 

 

 

スポンサーリンク

注目の記事

-夢分析, 夢占い, 運命と人生

© 2021 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5