生き方 運命と人生 使命と天命 才能強化と右脳開発

憧れの人は将来の自分に近い要素を持った人(使命や天命、潜在意識)

 

憧れの人は将来の自分に近い

要素を持った人ということに

ついて、解説していきます。

(使命や天命、潜在意識)

 

憧れの人は、将来の自分に

近い要素を持った人です。

 

なぜなら、潜在意識は、

過去も未来も知っており、

将来の自分に近い要素を持った人を

見つけると、憧れの気持ちを

湧かせるからです。

 

将来、自分がどのように成長し、

開花していくか、その要素を

持った人に対して、憧れの気持ちが

湧くということであります。

 

例えば、尾崎豊さんという素晴らしい

ミュージシャンがいました。

 

もし、尾崎豊さんに憧れたのであれば、

音楽による成功、社会に対する

メッセージ性、カリスマ性、

霊的レベルの高さなどのいずれかの

要素に憧れたのです。

 

そして、そのどれかの要素に、

将来の自分に近い要素が含まれていた

ということです。

 

将来、自分もミュージシャンとして

成功する運命を持っている人であれば、

尾崎豊さんの音楽性と

サクセスストーリーに憧れるでしょう。

 

将来、カリスマ性を発揮して

社会にメッセージを送る

インフルエンサーになる運命を

持っている人であれば、

尾崎豊さんのそのような部分に

憧れたことでしょう。

 

いずれにしましても、

将来の自分と要素が一致する

人物には、憧れの気持ちが湧く

ということです。

 

憧れとは、

「私も、ああなりたいなあ」

「俺だっていつかは、あの人みたいになるんだ」

という気持ちですから、

やはり自分の将来と照らし

合わせているのです。

 

また、自分の使命や天命に

関わる分野で活躍している人にも

憧れを抱きます。

 

これも同じで、魂や潜在意識が、

将来の自分を感じ取って、

憧れの衝動を発生させていると

いうことであります。

 

その意味では、憧れの衝動は、

「あなたの未来はこっちだよ」という、

魂からの誘導であるとも

言えましょう。

 

ちなみに、私、牧村 和幸は、

学生時代に、Osho(ラジニーシ)という

神秘家に、徹底的に心底から憧れました。

 

現在、根源法則や瞑想、マインドフルネス、

その他の様々な真理についてネットなどで

公開しており、それが使命や天命と

なっております。

 

ですので、実体験からも、憧れの人は、

将来の自分と同じ要素を持った人である

ということが、分かるんですね。

 

以上、憧れの人は将来の自分に

近い要素を持った人という

お話でした。

 

 

スポンサーリンク

-生き方, 運命と人生, 使命と天命, 才能強化と右脳開発

© 2022 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5