魂の成長 霊的な進化 鏡の法則 カルマの法則 因果の法則 瞑想と内観 マインドフルネス

瞑想やマインドフルネスで霊眼を開き鏡の法則を明確に捉える(第三の眼、アジナーチャクラ)

 

瞑想やマインドフルネスで

霊眼を開き鏡の法則を明確に

捉えるということについて、

解説していきます。

(第三の眼、アジナーチャクラ)

 

鏡の法則の作用を霊眼で

明確に捉えられるように

なりたい方は、ぜひ瞑想や

マインドフルネスを継続し、

眉間の奥にあるセンターを

開花させてください。

 

なぜなら、

眉間の奥のセンターが開くと、

肉眼では見えない根源法則の動きを、

霊眼で捉えられるように

なるからです。

 

第三の眼とも呼ばれ、

将来の展望も捉えられるように

なったりする能力を秘めています。

 

インドでは、アジナーチャクラと

呼ばれています。

 

インド人は、眉間に丸いデザインや

目を描いたり、アクセサリーを

ついたりしている人が多いですが、

これもアジナーチャクラである

第三の眼を表しています。

 

さらには、アメリカのドル紙幣に

描かれているプロビデンスの目に

ついても、アジナーチャクラの

第三の眼を表しています。

 

お釈迦さまの像にも、

眉間の所に丸いものが

くっついていますよね。

これも第三の眼です。

 

いずれにしましても、

人間の眉間の奥には、

第三の眼と呼ばれるエネルギー

センターが存在するということを

知っておいてください。

 

そして、第三の眼は、

瞑想やマインドフルネスを

長年継続していけば、

開く事も可能です。

 

実際、私、牧村 和幸に

おきましても、1999年3月の

クンダリニーエネルギーの

爆発現象が起きた際に、

完全に第三の眼が開きました。

 

クンダリニーエネルギーとは、

人体内に存在する根源的な

生命エネルギーですが、

このエネルギーがとぐろを

巻きながら背骨を上昇し、

眉間と頭頂を貫いたのです。

 

ですから、第三の眼の存在が

確かであるということを

実体験で分かっております。

 

今、この記事を書いている時も、

第三の眼が、ぐるぐる動いているのを

感じておるところです。

 

また、第三の眼が開くと、

鏡の法則、カルマの法則、

因果の法則などの根源法則の

動きを霊眼ではっきりと

捉える事ができるように

なります。

 

ツイッターで色々と

根源法則について書いているのは、

まさに第三の眼で捉えた

根源法則の動きであります。

 

いずれにしましても、

瞑想やマインドフルネスを

継続すると、脳の松果体に

刺激が与え続けられて、

いずれ第三の眼が開花すると

いうことです。

 

なので、ぜひ、瞑想や

マインドフルネスを継続実践

していただきたいと思います。

 

以上、瞑想やマインドフルネスで

霊眼を開き鏡の法則を明確に

捉えるというお話でした。

 

 

-魂の成長, 霊的な進化, 鏡の法則, カルマの法則, 因果の法則, 瞑想と内観, マインドフルネス

© 2022 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5