人間関係 夫婦関係 家族関係 心理学 恋愛心理学 男性と女性

抱きしめるとオキシトシンが出てストレスが減り幸福感が増す(家族関係)

 

抱きしめるとオキシトシン

が出てストレスが減り

幸福感が増すということ

について、解説していきます。

 

人間の心理は、多分に

脳内ホルモンの影響を

受けており、人間の感情も、

脳内ホルモンに支配されて

おります。

 

したがいまして、家族関係

をよくするためには、

脳内ホルモンの影響に

ついても学んでおく必要が

あるでしょう。

 

脳内ホルモンの中でも、

オキシトシンは、

幸せホルモン、愛情ホルモン

と呼ばれておりまして、

脳の視床下部で作られ、

下垂体後葉から分泌される

ホルモンです。

 

このホルモンは、幸せ感を

高めるすごい力を持っていて、

ストレスを軽減する作用も

持っています。

 

そして、人間は、

抱きしめられるほど、

オキシトシンが多く分泌

されますので、幸せ感を

高めたいのなら、できるだけ、

抱きしめてあげたら

いいのです。

 

もちろん、家族関係に

おいても、できるだけ多く、

家族を抱きしめると

良いでしょう。

 

そうしましたら、お互いに

幸せな気分になれますし、

ストレスも軽減され、

ハッピー状態になれるのです。

 

家族関係であれば、まずは、

自分の子供たちを、

たくさんたくさん抱きしめて

あげると良いでしょう。

 

抱きしめてあげれば

あげるほど、子供は幸せを

感じてくれます。

 

また、夫婦も互いに

できるだけ多く、抱きしめ

あったらいいでしょう。

 

幸せな夫婦というものは、

やはり、抱きしめあう回数が

多いものです。

 

自分の親に対しては、

なかなか恥ずかしいと

いう人も多いですが、

気にならないのであれば、

親を抱きしめる機会も

あっていいでしょう。

 

海外では、ハグという

良い習慣がありますから、

自分の親に対しても

気兼ねなく抱きしめますが、

この習慣は、ぜひ、日本にも

浸透してほしいところですね。

 

いずれにしましても、

家族関係にて、お互いが

抱きしめあえる回数を

増やすことによって、

幸せ感覚がどんどん増加し、

ストレスも軽減されると

いうことです。

 

まさに、いいことづくめの

行動が、「抱きしめる」という

行動であったのです。

 

家族が仲良く和気あいあいと

過ごしていくには、このような

工夫も必要になるということを

知っておいてください。

 

もちろん、抱きしめる効果は、

恋愛関係でも発揮されます。

 

 

 

注目の記事

-人間関係, 夫婦関係, 家族関係, 心理学, 恋愛心理学, 男性と女性

© 2021 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5