ソウルメイト 人間関係 子育て 家族関係 生き方

子育てにおいては親子喧嘩をする方が健全に育つ(親と子供の心理学)

 

子育てにおいては親子喧嘩を

する方が健全に育つということ

について、解説していきます。

(親と子供の心理学)

 

子育てにおきましては、

全く親子喧嘩がない場合は

問題が生じる場合が多いです。

 

なぜなら、喧嘩することにより、

自己主張の訓練となりますし、

自我の発達を促し、本音の意見

をぶつけあう練習となるからです。

 

したがいまして、全く親子喧嘩

がない家庭は、自己主張しない

子供、自己主張の仕方が

分からない子供に育ってしまう

可能性があるのです。

 

もちろん、だからと言って、

わざわざ親子喧嘩をしなさいと

言っているわけではありません。

 

喧嘩しないことはよいこと

ではあるのですが、時には、

自己主張の訓練のため、

親子喧嘩も経験しておく必要

があるということなのです。

 

すなわち、子供の意見を吐き出し、

自己主張をさせる場を多く設ける

ようにするということなのです。

 

ちなみに、親子喧嘩が全く

なくても自己主張の上手な子供

がおりますけれど、そのような

子供は、遊びや学校で、

友達同士で自己主張を学んで

くる子供です。

 

このような子供は利発で賢く、

自分で学んでいきますから、

あえて親子喧嘩をしなくても

問題ないでしょう。

 

ただし、思春期になり、

反抗期になれば、やはり

親子喧嘩は勃発しますので、

覚悟しておきましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

注目の記事

-ソウルメイト, 人間関係, 子育て, 家族関係, 生き方

© 2021 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5