使命と天命 幸せの実現 成功哲学 生き方 目標達成

「もうこのへんでいいやと思ったら敗北している」という広岡達朗の名言

 

「もうこのへんでいいやと

思ったら敗北している」と

いう広岡達朗の名言について、

解説していきます。

 

「もう、このへんでいいやと思ったら、

そのときは敗北している。」

広岡 達朗のことばより

 

広岡 達朗(ひろおか たつろう)

広島県呉市出身の元プロ野球選手。

評論家としても活躍。

 

生きていくには、何らかの

目標が必要です。

 

もちろん、ただただ生きていく

という、シンプルな生き方も

いいでしょう。

 

しかし、より良く、充実して

生きるなら、やはり、目標を持ち、

その目標に向かって一生懸命

努力していく、そのような生き方が

充実します。

 

また、想いは現実化しますので、

目標をたてて、休みなく努力精進

していますと、その目標に

どんどんと近づいていきます。

 

しかし、ある程度、目標が達成

されたとき、「もう、このへんで

いいや」って、思うときが

あります。

 

人間なら誰だって、疲れてきて、

そのように思うときが来るのです。

 

でも、その思いに従って、

物事をやめてしまうと、

現状維持の状態に陥って

しまいます。

 

世の中は急速なスピードで

変化していきます。

 

ですから、現状維持を続けて

いくと、どんどんと相対的に

衰退していきます。

 

そして、敗北へと向かって

しまうのです。

 

現状維持は、とても危険です。

向上し続けることが肝心です。

 

みんなが走り続けています。

ですから、現状維持をしたら、

すぐにみんなに追い抜かれて

いきます。

 

もちろん、「もういいや」って

思って、しばし休憩することも

いいでしょう。

 

しかし、疲れが取れたなら、

また、たゆまぬ歩みを進めて

いきましょう。

 

インターネットの世界でも

そうですね。

 

ブログでもYouTubeでも、

投稿や配信をやめたら、

品質向上の努力をやめたら、

そこで他のみんなに

どんどん追い抜かれて

いってしまうのです。

 

 

 

スポンサーリンク

注目の記事

-使命と天命, 幸せの実現, 成功哲学, 生き方, 目標達成

© 2021 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5