鏡の法則 引き寄せの法則 成功哲学 自己実現 目標達成

なかなか現実化しない時は考える時間が不足している(鏡の法則、引き寄せの法則)

 

なかなか現実化しない時は

考える時間が不足していると

いうことについて、

解説していきます。

(鏡の法則、引き寄せの法則)

 

鏡の法則、引き寄せの法則の

作用により、常に考え続ける

ことは現実化します。

 

でも、なかなか現実化しない時は、

考える時間が不足している点に

注目してください。

 

宇宙に対して明確に、

オーダーを出す必要があります。

 

また、思考が宇宙エネルギーに

投影されて物質化されて

いきますので、思考やイメージの

量が少ないと、不完全なため、

なかなか現実化しないのです。

 

ですので、達成したい夢や

目標があるなら、成功した状態に

ついて、それこそ毎日、

寝食を忘れるほど考え続けると

確実です。

 

本当は、そこまでやらなくても

現実化していくのですが、

念には念を入れて、そこまで

やることを心がけましょう。

 

実際、世の成功者は、

夢の実現に向けて、未来への情熱で

夜も眠れない日々を過ごした方が

多いです。

 

ですから、どうしても

達成したい夢や目標があるなら、

成功した状態について、

寝食を忘れるほど徹底的に

考え続けるとよいのです。

 

すると、強烈な衝動が

湧き起こるので、それに従って

行動し続ければ、芋づる式に

結果を手繰り寄せられます。

 

もし、引き寄せの法則を

実践しても、なかなか願望が

実現しない場合は、

思考やイメージの量と

考え続ける時間を

増やしてみてください。

 

情熱的に、ワクワクするまで、

考え続けるのがコツです。

 

ワクワクした感情が湧くまで

イメージし続けたら、潜在意識が

「受け取ったよ」と言ったと

お考えください。

 

ワクワク感は、潜在意識が

しっかりと願望を受け取った

サインなのです。

 

オーダーがしっかりと通れば、

ワクワクした感覚がやってくると

覚えておいてください。

 

以上、なかなか現実化しない時は

考える時間が不足しているという

お話でした。

 

 

スポンサーリンク

-鏡の法則, 引き寄せの法則, 成功哲学, 自己実現, 目標達成

© 2022 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5