トランスパーソナル心理学 万物流転の法則 輪廻転生 運命と人生 魂の成長

始まりと終わりはつながって円をなしている(輪廻転生とトランスパーソナル心理学)

 

始まりと終わりはつながって

円をなしているということに

ついて、解説していきます。

(輪廻転生とトランスパーソナル心理学)

 

トランスパーソナル心理学では、

円循環の思想を説いています。

 

始まりと終わりがつながって、

円をなしているというものであり、

これは、あらゆる物事の本質を

あらわしています。

 

たとえば、人間は、生まれ、

成長し、老いて、死んでいきますが、

輪廻転生を通して、また、

生まれてきます。

 

実は、生まれ、成長し、

老いて、死ぬを何度も何度も、

気の遠くなるほど長い時間、

繰り返してきているのです。

 

また、この地球は、朝が昼になり、

やがて、夜になって、再度、

朝が来るということを、

何度も何度も繰り返してきていますし、

私達の日常生活も、毎日、

仕事に行っては、家に帰ってを

繰り返しています。

 

その他、我々人間は、

息を吸って吐いてを繰り返して

いますし、ご飯を食べて、

トイレに行ってを繰り返しています。

 

サラリーマンであれば、

給料をもらって、ついつい

使っちゃって、また、給料をもらって、

また、ついつい使っちゃってを

繰り返しています。

 

他にも、いろんな事例がありますが、

きりがないので、これくらいに

しておきます。

 

このように、この世界の

あらゆる物事は、円循環をなして

いるということが、真理なのです。

 

したがいまして、人間の成長も、

同じように円循環をなして

おります。

 

禅の十牛図では、悟りを開いて、

無の境地にいたった後、再度、

今まで住んでいた故郷である

町に帰って来る図が描かれて

います。

 

これは、どういうことかと

言いますと、自我を超越して、

悟りを開いたら、再び日常に

戻ってくるということなのです。

 

イメージとしては、

自我を超越して、悟りを開いたら、

もう帰って来れなくなると

いうように考えてしまうものです。

 

しかしながら、実際のところは、

自我を超越して悟りを開いても、

それで終わりではなく、

次に、再び日常に戻ってきて、

世間に恩返しをするという

ステップがあるということ

なのです。

 

悟りを開いて、再び日常に

戻ってきますと、全ての物事が

輝いて見えます。

 

そして、全ての人たちが、

仏であり、神であることを

痛感させられます。

 

そこで、再び日常に戻ってきて、

周囲にいる人たちに、

自らがすでに仏であり、

神であることを教えてあげる

役割を担っていくのです。

 

もちろん、自我を超越して、

悟りを開きますと、基本的には、

地球上での成長過程は終焉を

迎えますので、そのまま、

天界に旅立って、天界で

守護心霊として活躍しても

いいのです。

 

しかしながら、これまでに

悟りを開いた人たちのほとんどが、

残された人々を自己超越に

誘導する役割を担ってきました。

 

キリスト、釈迦、マホメット、

クリシュナムルティ、サイババ、

ババジや、その他、大勢のすでに

自我を超越した人々は、

残された人たちに救済の道を

教えるために、世間に戻って

きたのです。

 

これにより、魂の成長の

円循環が完成し、本当の意味での

完結を迎えることができるのです。

 

釈迦は、

「地球上の最後の一人が悟りを開くまで、

あちらの世界には行かず、ずっと待っている」

と語ったと言われています。

 

あまりにも慈悲深すぎて、

恐れ多いくらいです。

 

このように、自己超越をおこない、

悟りを開いても、それで終わりでは

なくて、残った人々を導くために、

再度、日常に戻ってくることになる

ということを知っておいて

いただきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

注目の記事

-トランスパーソナル心理学, 万物流転の法則, 輪廻転生, 運命と人生, 魂の成長

© 2021 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5