生き方 成功哲学 自己実現 運命と人生 使命と天命

人が嫌がる事を一つ徹底的に極めたら需要の多い仕事になり食べていける(職業の選択、個性的な生き方)

 

 

人が嫌がる事を一つ徹底的に

極めたら需要の多い仕事になり

食べていけるということについて、

解説していきます。

(職業の選択、個性的な生き方)

 

人が嫌がる事を一つ徹底的に

極めたら、需要の多い仕事になり、

食っていけます。

 

人が嫌がる仕事というのは、

複雑でややこしかったり、

しんどかったり、きつかったり、

汚い部分を我慢しないと

いけなかったり、そのような面を

持っている仕事ですね。

 

みんな、できるだけスマートで、

きれいで、簡単に、楽に行える

仕事をしたいわけです。

 

そして、人が嫌がる仕事というのは、

誰もやりたがらないので、

極めると需要の多い仕事となるのです。

 

例えば、数字ばかりの会計業務は、

多くの人が嫌がる事であり、

それを徹底的に極めた会計士さんや

税理士さんは仕事になっている

わけです。

 

嫌がる人が多い掃除だって、

極めるとダスキンのように

大事業になったりするのです。

 

介護なども、そうかも

知れないですね。

 

本当は、家族だけで、

ご老人を介護できればいい

のですが、それが難しいし、

嫌がる人も多いので、

介護の専門の仕事が存在できる

わけです。

 

プログラマーも、そうかも

しれないですね。

 

数字やアルファベットと

毎日何時間もにらめっこなど、

普通の人は、やりたくない

わけです。

 

でも、好きな人は、

ずっとやり続けられるのも、

プログラマーの仕事です。

 

したがいまして、多くの人が

嫌がるけど、自分は嫌ではない事

があったら、それは非常に

ラッキーと言えるでしょう。

 

それを極めて仕事にすれば、

需要が多くて、しかも、

非常に喜ばれる仕事に

できるのです。

 

そこで、ご自身を振り返りまして、

他の人は嫌がるけど、自分は嫌では

ないという物事がないか、

チェックしてみてください。

 

それがあれば、安定的に

オファーがある仕事にできる

チャンスです。

 

以上、人が嫌がる事を

一つ徹底的に極めたら

需要の多い仕事になり

食べていけるという

お話でした。

 

 

-生き方, 成功哲学, 自己実現, 運命と人生, 使命と天命

© 2022 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5