魂の成長 霊的な進化 鏡の法則 出来事言語

自分に起きた出来事について過去のどの行為が返ってきたか振り返る事が重要(出来事言語、鏡の法則)

 

自分に起きた出来事について

過去のどの行為が返ってきたか

振り返る事が重要ということ

について、解説していきます。

(出来事言語、鏡の法則)

 

鏡の法則における

因果応報作用を体得したいなら、

常日頃から、自分に起きた出来事

について、過去のどの行為が

返ってきたか振り返る事が

重要です。

 

なぜなら、毎日コツコツと

気づいて、振り返って納得し、

全身全霊で体得しないと

いけないものであるからです。

 

頭の中で、

「過去にしたことが返って来るんだな」

と知っているだけでは、

実生活に応用するには

不十分です。

 

ですから、毎日、

「この出来事は、あの時の行為が

返ってきたんだな」とか、

「今回のトラブルは、あの時にして

しまった事が返ってきたんだな」

とか、気づき、振り返る習慣を

付けるのです。

 

この世界に起きる出来事には、

全て天の意志やメッセージが

含まれています。

 

根源法則に沿って

全ての物事が発生しますので、

全ての出来事には、

根源法則のエッセンスが

含まれているからです。

 

そして、根源法則は

天の意志そのものですから、

天のメッセージが含まれると

いうことであります。

 

特に、困った事が起きた時に、

過去の原因となる行為を

特定できれば、人生好転の大きな

ヒントとなります。

 

そして、このような訓練を続けると、

脳の松果体に刺激を与え続けますから、

眉間の奥にあるアジナーチャクラ

というエネルギーセンターが

開花していくのです。

 

コツコツと気づき、

過去を振り返る習慣を付けると、

いずれ法則と一体となれます。

 

以上、自分に起きた出来事に

ついて過去のどの行為が

返ってきたか振り返る事が

重要というお話でした。

 

 

スポンサーリンク

-魂の成長, 霊的な進化, 鏡の法則, 出来事言語

© 2022 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5