鏡の法則 成功哲学 自己実現 目標達成 運命と人生

鏡の法則の作用において最も注意しないといけないのはタイムラグ(生き方、真理の追求)

 

鏡の法則の作用において

最も注意しないといけないのは

タイムラグということについて、

解説していきます。

(生き方、真理の追求)

 

鏡の法則の作用により、

他者に対する言動や想念が

自分に返って来ます。

 

ここで注意しないと

いけないのは、鏡の法則に

おけるタイムラグですね。

 

なぜなら、タイムラグの事を

計算に入れておかないと、

鏡の法則を道具として

精密に使いにくいからです。

 

タイムラグの事を

頭に入れておかないと、

鏡の法則を使おうとしても、

「あれ?おかしいな。作用しないぞ」

というように、首をかしげる

ことになってしまいます。

 

また、もっともマズイのは、

鏡の法則のことを知って、

がんばって試してみたけれど、

タイムラグの事を知らなかったために、

「なんだ、さっぱり効果がないじゃん。

嘘っぱちだった!」と疑念を持ち、

せっかくの鏡の法則を体得する

チャンスを放棄してしまう事です。

 

人間、一度、疑い始めると、

そこから再度、信用しなおす

までに、相当な期間がかかります。

 

あるいは、そのまま諦めて、

一生を終えてしまう事も

あります。

 

これではマズイので、

やはり、鏡の法則を理解し

体得するのであれば、

タイムラグについても、

きちんと知っておくべき

でしょう。

 

ちなみに、タイムラグとは、

時間差の事であり、

鏡の法則の作用は、ある程度の

時間を置いてから働き始める

特徴があるということです。

 

例えば、鏡の法則を使えば、

周囲の人達を親切な人ばかりの

環境に変える事もできます。

 

まず、自分から、誰にでも

親切にする習慣をつけると、

やがては周囲の人たち皆が、

親切な人ばかりになってくる

のです。

 

ただし、ここで注意なのですが、

かなり時間が経ってから、

親切がどんどん返って来るように

なるのです。

 

早ければ、1週間くらいで、

じわじわと効果が出てきますが、

遅ければ半年以上かかったり

もします。

 

また、長期的には、

周囲の人達が入れ替わっていき、

親切な人ばかりが集まって来て

環境が変わるのです。

 

そこまで考えると、

年単位の時間が必要と

なります。

 

この世界の物事は、全て、

種が植えられて、芽が出て、

茎が伸びて、葉をつけて、

そして、その後に、ようやく

実をつけます。

 

ですから、収穫の秋と、

よく言われますが、

種を植えてから収穫までに、

相当な時間がかかるのですね。

 

このように、

この世界の物事が発生する際には、

かなりの時間がかかるということを、

しっかりと心に留めておいて

いただきたいと思います。

 

鏡の法則も例外ではなく、

種となる言動や想念が、

時間をかけて育ち、やがて

実となって成就するのです。

 

以上、鏡の法則の作用において

最も注意しないといけないのは

タイムラグというお話でした。

 

 

-鏡の法則, 成功哲学, 自己実現, 目標達成, 運命と人生

© 2022 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5