魂の成長 霊的な進化 生き方 自己実現 行動規範 運命と人生

考えれば考えるほど思考はマイナスになり慎重になり行動をやめようとする(思考と直感、冒険とジャンプ)

 

考えれば考えるほど思考は

マイナスになり慎重になり

行動をやめようとするということ

について、解説していきます。

(思考と直感、冒険とジャンプ)

 

考えれば考えるほど、

思考はマイナスになり慎重になり

行動をやめようとします。

 

なぜなら、脳は肉体を守る

本能により、マイナス思考になる

傾向があるからです。

 

脳も肉体のひとつの器官ですから、

当然ながらに、肉体を守ろうと

します。

 

そして、肉体を守るためには、

やはり、あらゆる危険を想定したり、

余計な事や危険な事をしないように、

肉体に指令を出す必要があります。

 

そのため、脳は、

考えれば考えるほど、

不安や恐怖を作り出し、

行動しないように持っていこうと

するのですね。

 

特に、未知の領域は、

危険が多いですから、脳は、

もっとも警戒し、不安や恐怖を

必要以上に生み出します。

 

したがいまして、未知の領域に

踏み出す際に、もっとも脳が

邪魔してくるということで

あります。

 

なので、何か新しい事を

始めようとするならば、

あまり深く考えすぎずに、

フィーリングで行動を

開始した方がいいです。

 

考えすぎると、脳が不安や恐怖を

生み出すため、全く動けないまま、

長い年月が経過してしまったり

します。

 

行動するのであれば、

脳が生み出す不安や恐怖を

乗り越えるか、あるいは、

脳が不安や恐怖を生み出す前に

行動してしまうのが得策と

いうことです。

 

このような次第ですから、

よく考える人ほど、

行動できない人が多いです。

 

思考が増えれば増えるほど、

不安や恐怖が湧いてくる

からです。

 

逆に、行動力のある人は、

あまり考えない人が多いです。

 

考える場合も、

必要な部分のみ考えて、

後は、さっと行動に移す人が

多いですね。

 

以上、考えれば考えるほど

思考はマイナスになり

慎重になり行動をやめようと

するというお話でした。

 

 

スポンサーリンク

-魂の成長, 霊的な進化, 生き方, 自己実現, 行動規範, 運命と人生

© 2022 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5