人間関係 問題解決 因果応報 生き方 鏡の法則

根本を放っておいては物事は解決しない(人生哲学と生き方)

 

根本を放っておいては

物事は解決しないということ

について、解説していきます。

(人生哲学と生き方)

 

生きていると、さまざまな

問題が出てきます。

 

しかし、問題の原因をつかみ、

根本的な部分を変えないと、

問題は解決しません。

 

たとえば、草を切っても、

根が残っていれば、

また生えてきます。

 

根を引き抜くまでは、

同じことが繰り返されます。

 

これと同じようなことが、

人生においても言えるのです。

 

さて、我が身にふりかかる

問題の原因は全て、

自分の過去の思考、感情、

行動にあります。

 

それがそっくりそのまま

自分に返ってきているのです。

鏡の法則が作用しています。

 

すでに行ってしまったことが

原因となり、結果が返って

きている場合は、どうすることも

できません。

 

我が身に受けて、解消する

しかありません。

忍耐で切り抜けましょう。

 

そして、さらに新たな

負の原因をつくらないように、

注意しましょう。

 

他者に対する言動や想念を

プラスのものに変えて

いきましょう。

 

他者を傷つけず、思いやりと

親切心を持って、接するように

していきましょう。

 

自分に対する想念についても

プラス発想に変えるのです。

できることはそれだけです。

 

新たな負の原因を

つくらないことに、

しっかりと注意していれば、

マイナスのカルマが

やがて尽きますので、

その後、環境が好転して

いきます。

 

 

注目の記事

-人間関係, 問題解決, 因果応報, 生き方, 鏡の法則

© 2021 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5