鏡の法則 カルマの法則 因果の法則 因果応報

攻撃すれば攻撃され、怒鳴れば怒鳴られる(鏡の法則、因果の法則、カルマの法則)

 

攻撃すれば攻撃され、

怒鳴れば怒鳴られるということ

について、解説していきます。

(鏡の法則、因果の法則、カルマの法則)

 

攻撃すれば攻撃され、

怒鳴れば怒鳴られ、

陰口を言えば陰口を言われ、

妬めば妬まれ、恨めば恨まれ、

疑えば疑われ、足を引っ張れば

足を引っ張られます。

 

なぜなら、この世界には、

鏡の法則、因果の法則、

カルマの法則が流れている

からです。

 

自分が他者に対して行った

言動や想念は、後で必ず自分に

返って来るのです。

 

また、愛すれば愛され、

親切にすれば親切にされ、

信用すれば信用され、

応援すれば応援され、

与えれば与えられます。

 

ただ、それだけ。

この世界は、非常に

シンプルです。

 

このことが分かれば、

人生は、思うように変えて

いける事が、お分かり

いただけたと思います。

 

他者に対して、攻撃したりせず、

怒鳴ったりせず、陰口を言わず、

妬まず、恨まず、疑わず、

足を引っ張らなければ、

自分自身こそが、そのような

苦難に遭遇する事がなくなります。

 

もし、誰かに攻撃されても、

基本的には、やり返さないで

ください。

 

なぜなら、やり返してしまうと、

またカルマを積み、さらに、

やり返されるからです。

 

ただし、どうしても

我慢ならない時は、そのまま

そっくり、やり返すのではなくて、

少し攻撃力を弱めましょう。

 

すると、

次に自分に返って来る時は、

攻撃力が弱まっているので、

許しやすくなります。

 

また、陰口を言われても、

憤ったり、相手を責め立てたり

する必要はありません。

 

それは、過去に自分が

誰かの陰口を言ったり、

悪く考えていたことが

カルマとなって返ってきて

いるだけです。

 

なので、相手を責める必要はなく、

自分自身こそが、陰口を言わず、

誰かを悪く考えない習慣をつける

だけでよいのです。

 

もし、相手を責め立てたり、

憤ったりすると、

責め立てたカルマ、憤ったカルマ

が積まれますから、今度は、

自分が誰かから責め立てられたり、

憤られたりします。

 

また、愛すれば愛され、

親切にすれば親切にされ、

信用すれば信用され、

応援すれば応援され、

与えれば与えられます。

 

ですから、どんどん愛した方が

いいし、親切にした方がいいし、

信用した方がいいし、応援すれば

いいのです。

 

ただ、誰でも彼でも信用すると、

詐欺に遭ったり騙されたり

することもあるので、

「あれ?変だな」と感じた時は、

疑いも必要です。

 

それくらいの常識的な疑いは、

あってもいいのです。

 

ただし、自分も、後で、

常識的な疑いはかけられます。

 

まあ、常識的な疑いくらい、

かけられても平気ですよね。

 

以上、攻撃すれば攻撃され、

怒鳴れば怒鳴られるという

お話でした。

 

 

スポンサーリンク

-鏡の法則, カルマの法則, 因果の法則, 因果応報

© 2022 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5