人間関係 雑談の活用

誰かを見かけたとか出会ったという話は雑談のネタになる(雑談の活用)

 

誰かを見かけたとか出会った

という話は雑談のネタになる

ということについて、解説して

いきます。(雑談の活用)

 

雑談は、フリートークですから、

何を話してもいいのですが、

その時に、誰かを見かけたとか

誰かに出会ったという話題は、

結構、盛り上がる雑談のネタと

なってくれます。

 

もちろん、相手も知っている

人物の話でないといけません。

 

相手が全く知らない人物を

見かけたとか出会ったという話を

しましても、「誰それ?」で

終わってしまうからです。

 

そうではなくて、相手も十分に

知っている人物を見かけたり

出会ったという話題であれば、

相手も興味を持って聞いてくれるし、

雑談も弾むのです。

 

たとえば、

「あ、そうだ。昨日、○○さんに会って話したよ」

「え、経理部門の○○さんかい?」

「そうそう、あの堅物の○○さん」

「それで、どうだった?」

「やっぱり、いつもどおり堅い話ばっかりしてきてね」

「へえ、一度、ゴルフに一緒に行ったことが

あるんだけど、ゴルフは上手だったよ」

「あれ、君、ゴルフするのか?」

「ゴルフするよ。知らなかった?」

 

この話であれば、経理部門の○○さん

についての面白い話題があれば、

○○さんの話をすればいいし、

特になければ、ゴルフの話題に

持って行けばいいのですね。

 

いずれにしましても、

誰かを見かけたとか出会った

という話は雑談のネタになりますから、

常日頃から、誰かを見かけたり

出会ったりした時は、その時の状況を

よく観察して、覚えておくと

いいでしょう。

 

会話した場合は、

その会話の内容もよく覚えて

おきましょう。

 

あと、誰でも知っているような

有名人や芸能人を見かけた場合も

面白い雑談のネタとすることが

できます。

 

ただし、有名人や芸能人を

見かけたと言えども、

その有名人や芸能人の名誉を

毀損したり、プライベートを

侵害するようなことは話題に

しないようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク

注目の記事

-人間関係, 雑談の活用

© 2021 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5