生き方 成功哲学 運命と人生 使命と天命

何を行うにしろ全力を尽くしてエネルギーを使い切ることが大切(成功哲学と生き方)

 

何を行うにしろ全力を尽くして

エネルギーを使い切ることが

大切ということについて、

解説していきます。

(成功哲学と生き方)

 

何を行うにしろ、

全力を尽くすことが

大切です。

 

持てるエネルギーを

全て使い切るのです。

 

やれることは全部やる、

思いついたことは全て実行する

くらいの意気込みが欲しい

ところです。

 

このような精一杯の生き方

こそが、天に愛される

生き方です。

 

エネルギーの出し惜しみを

してはいけません。

 

なぜなら、天は、

我々の活動に必要なエネルギーを

きちんと送ってくださって

いるからです。

 

自分のやりたい事をやる、

使命天命に邁進する、

楽しく幸せに生きる、

他者へ奉仕するなど、

もらったエネルギーを全て

出し切ることで、天の意志に

沿うことができます。

 

また、天から与えられた

エネルギーは、使えば使うほど、

より多く与えられるのです。

 

逆に、せっかく与えられた

エネルギーを使わないと

どうなるかと言いますと、

そのエネルギーは、くすぶって

しまうのです。

 

くすぶって、たとえば、

病気を発症するマイナスの

エネルギーになってしまったり、

思い悩んだり、心を病んだり、

イライラして当たり散らしたり、

暴力や暴言を吐きたくなったり、

マイナスのエネルギーに

変化してしまったりするのです。

 

せっかく、精一杯

使い切れるだけのエネルギーを

与えられているのに、

使わなかったら、エネルギーが

マイナスの方向に使われて

しまうということです。

それは、困りますよね。

 

ですから、毎日、元気よく、

精一杯生き切るということを、

心がけていただきたいと

思います。

 

以上、何を行うにしろ

全力を尽くしてエネルギーを

使い切ることが大切という

お話でした。

 

 

-生き方, 成功哲学, 運命と人生, 使命と天命

© 2022 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5