代償の法則 問題解決 成功哲学 生き方 目標達成 行動規範

何かを成し遂げるのに必要なのは能力ではなく捨て去る勇気と犠牲を払う覚悟

 

何かを成し遂げるのに必要なのは

能力ではなく捨て去る勇気と

犠牲を払う覚悟ということについて、

解説していきます。

 

何かを成し遂げるためには、まず、

明確な強い意志と目的が必要です。

 

目的がなければ、脳の目的自動

達成機能を使えないからです。

 

ですから、明確な目標を

確立することが大切です。

 

その後、必要なことは、

能力ではなくて、不要なもの、

無駄なものを排除する勇気と、

目的達成に必要な犠牲を払う

覚悟です。

 

能力は必ずしも必要では

ありません。

 

能力はそれほど高くなくても

成功している人が数多く

存在するのは、明確な目的や意志、

犠牲を払う勇気と覚悟の方が、

能力よりも重要であることを

示しています。

 

そして、何かを成し遂げたいなら、

そのために時間とお金と労力を

一点集中する必要があります。

 

すなわち、他の無駄なことに

使っている時間やお金や労力を

全て捨て去る勇気が必要と

なります。

 

何かを手に入れる際に

必ずつきまとう代償を払う

という覚悟ですね。

 

この世界には、代償の法則が

流れておりますから、何かを

手に入れたければ必ず

それに見合った代償を払う

必要があります。

 

特に、何かを成し遂げたいなら、

一点集中して、それだけに

全てを注ぎ込まないと、

なかなか達成できないものです。

 

中途半端なやり方では、

物事は成し遂げられません。

 

たとえば、虫眼鏡で

太陽の光を集めると紙を

燃やせますが、この際、

一点集中しないと紙は

燃えません。

 

これと同じ原理ですね。

一点にエネルギーを集中しないと、

突破できないのです。

 

物事を成し遂げるときには、

必ず壁があります。

 

その壁を突破して

ブレイクアウトするには、

非常に多くのエネルギーが

必要となるのですが、

そのエネルギーを生み出すために、

自分が持てる時間とお金と労力を

全てぶつける必要があるのです。

 

時間もお金も労力も、

全てエネルギーです。

 

そのエネルギーを集中投下して、

初めて壁をぶち破り、目的を

達成することができるのです。

 

したがいまして、無駄なことに

使っていた時間とお金と労力を、

全て捨て去ることが何よりも

大事であると、お分かり

いただけると思います。

 

片手間にやって成功するほど、

世の中は甘くありません。

 

全てをかけないと突破できない

ということを知っておいて

ください。

 

努力しているけど結果が出ない人

のほとんどが、一点集中して

いないのですね。

 

いずれにしましても、

何かを成し遂げたいなら、

一点集中して突破できるだけの

時間とお金と労力を確保しないと

いけないということです。

 

これができましたら、

能力がなくても物事を成し遂げる

ことができます。

 

まあ、無駄を捨て去り集中できる

こと自体が、能力と言えば能力

なのですが。

 

もし、何かを成し遂げたいのに

どうしてもうまくいかない人は、

中途半端にやっていないか、

ぼんやりとやっていないか、

見直してみてください。

 

一点集中しないと、何かを

成し遂げることはできませんし、

一点集中こそが成功の鍵だからです。

 

たとえば、弁護士になりたいのなら、

無駄な時間を削って勉強時間に

集中しないといけませんよね。

 

これも一点集中・限界突破の

良い事例となります。

 

中途半端にあやふやに

ぼんやりとやっていては、

何十年経っても弁護士には

なれないでしょう。

 

いかに一点集中できるかが

重要なのです。

 

 

 

注目の記事

-代償の法則, 問題解決, 成功哲学, 生き方, 目標達成, 行動規範

© 2021 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5