繁栄の法則 販売心理学

納期どおりに納品することを繰り返すと信用が生まれる(販売心理学と繁栄の法則)

 

納期どおりに納品することを

繰り返すと信用が生まれると

いうことについて、

解説していきます。

(販売心理学と繁栄の法則)

 

商売の基本は、信用を

積み重ねることです。

 

信用ができますと、

その信用をもとに、

仕事を依頼してくれるし、

商品も買ってくれるように

なるからです。

 

では、その信用は、

どうすれば、構築できる

のでしょうか。

 

もちろん、いろんな方法が

ありますが、何よりも

重要なのは、納期に遅れない

ことです。

 

納期に遅れるということは、

すなわち、約束を破ると

いうことです。

 

この世界では、時間は

お金以上に大切なものです。

 

お金では、時間は買えない

からですね。

 

また、お客さんは、

その納期を見込んだ上で、

様々な活動計画を立てて

いるものです。

 

そこで、お客さんの計画を

狂わせるようなことをせず、

お客さんの時間を守るためにも、

納期は、何があっても、

きっちりと守る必要があるのです。

 

たかが納期と考えていては、

商売はうまくいきません。

 

必ず納期に間に合うように

商品やサービスを納品して

おりましたら、その繰り返しが

実績となり、やがて、

信用が育まれてくるのです。

 

もし、一度でも、

納期に間に合わないようなことが

ありましたら、一気に信用を

失いますので、くれぐれも

注意が必要です。

 

以上、納期どおりに

納品することを繰り返すと

信用が生まれるという

お話でした。

 

 

スポンサーリンク

注目の記事

-繁栄の法則, 販売心理学

© 2021 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5