しぐさの心理学 人間関係

両手を合わせて頼みごとをするしぐさの心理学

 

両手を合わせて頼みごとをする

しぐさの心理学について、

解説していきます。

 

プライベート、仕事を問わず、

両手を合わせて

「ごめん!どうしてもお願い!」

などと頼み事をする人が

いますよね。

 

このような人は、物事を

成し遂げるには他者の協力が

必要であることをしっかりと

認識している上、頼みごとを

する時でも、相手に対して

少なからず迷惑をかけてしまう

ことを心から理解していて、

申し訳ないと感じながら、

その上で頼む人です。

 

したがいまして、非常に誠実で、

実直であり、信頼の置ける人でも

あります。

 

両手を合わせて頼みごとをする

しぐさから、このような性格が

見抜けます。

 

なぜなら、両手を合わせるのは、

まるで神様にお祈りするかのごとく、

非常に恐縮した気持ちから出る

しぐさであるからです。

 

逆に、いい加減な人が

人に依頼する時は、両手を

合わせることは、あまりありません。

 

どちらかと言いますと、

口先だけでお願いするのですね。

 

申し訳ないという気持ちが

こもっていないと、両手を

合わせるしぐさは、なかなか

出てこないのです。

 

なお、両手を合わせて

頼みごとをする人は、

恩返しの発想も持っていて、

何か助けてもらったら、

今度は自分が助けないと

いけないと考えます。

 

ですから、このタイプの人に

対しては、できるだけ協力して

あげると良いでしょう。

 

 

 

注目の記事

-しぐさの心理学, 人間関係

© 2021 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5