販売心理学

物やサービスを売るのであれば演出や雰囲気はとても大切(販売心理学)

 

物やサービスを売るのであれば

演出や雰囲気はとても大切と

いうことについて、解説して

いきます。(販売心理学)

 

お店に、ただ単に商品を

置いておくだけでなく、

その商品が作られた歴史や

エピソードも紹介し、

そんじょそこらの商品ではないと

いう凄さを演出し雰囲気を

作りますと、売上が確実に

アップします。

 

よく、プロレスとか空手とか

ボクシングなどのテレビ放映の時、

試合だけではなくて、それぞれの

選手の生い立ちや家族との約束、

負けられない理由などなど、

各選手の物語を延々と放送

しますよね。

 

そして、そのエピソードを見た

視聴者は、ただ単に試合を見るだけ

より何倍も何十倍も白熱して

試合を見ることができるように

なります。

 

このように、物事の背景も

しっかりと説明することで、

何倍も何十倍も価値があるように

思わせることができるのです。

 

これも、人間心理の面白い

ところです。

 

したがいまして、まずは、

プロレスや空手、ボクシングの試合が

始まる前の演出を見て研究しましょう。

 

どのような工夫をして

単なる試合をより面白くしようと

しているかがお分かりいただけると

思います。

 

他には、演出が上手で繁盛している

お店をたくさん見て回りましょう。

 

その後で、自分が販売する商品や

サービスにも同じように

生み出された経緯やスタッフの

意気込みや色んなエピソードをつけて、

価値を高めて販売すれば、

売上はアップするということです。

 

商品やサービスそのものに

とんでもない価値があり、

素晴らしい品質があるなら、

演出しなくても売れるでしょうが、

そうでない商品やサービスは、

やはり演出効果で価値を高めて

あげる必要があるのです。

 

もちろん、もともと商品や

サービスに価値があり、

品質も高いものであれば、

上手に演出することで、

さらに爆発的に売れていきます。

 

以上、物やサービスを売る

のであれば演出や雰囲気は

とても大切というお話でした。

 

 

 

スポンサーリンク

注目の記事

-販売心理学

© 2021 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5