瞑想と内観 マインドフルネス 自己実現 才能強化と右脳開発 行動主義心理学

ネガティブに考える人は左脳の活動が活発でポジティブな人は右脳が活発(速読と速聴、瞑想やマインドフルネス)

 

ネガティブに考える人は

左脳の活動が活発で

ポジティブな人は右脳が活発

ということについて、

解説していきます。

(速読と速聴、瞑想やマインドフルネス)

 

物事をネガティブに考える人は

左脳の活動が活発で、

ポジティブに考える人は

右脳が活発です。

 

なぜなら、左脳は、

言語、理論、計算、分析に

優れていて、現実的で

あるからです。

 

左脳だけを動かしていると、

理論的な思考が飛び交い、

最終的にネガティブな結論に

いたります。

 

また、左脳は、

危機管理能力に優れて

おりますので、身体を守ろう

として、不安や心配を作り出し、

行動を止めようとします。

 

逆に、右脳は、

直感、音楽、芸術、空間認知、

決断、想像、イメージ、願望実現、

超能力を司ります。

 

右脳は、夢を抱いたり、

想像したり、イメージする事が

得意ですし、ぼんやりとした

部分がありながら、結果的に、

ポジティブに進んでいくのです。

 

なので、夢や目標を持って

前向きに人生を歩んでいきたい

のであれば、右脳開発を行って、

右脳派になるのがおすすめです。

 

それに、右脳には、

科学的にはまだ解明されていない

能力もたくさん秘められています。

 

一般人が、通常であれば

数%しか使っていない右脳を

極限にまで活性化させれば、

天才になる事も夢では

ありません。

 

右脳には、天才どころか、

超能力も使える超人にして

くれるほどの潜在能力が

秘められているのです。

 

したがいまして、少しでも

多くの能力を開花させるために、

右脳開発は重要となってきます。

 

右脳の潜在能力が凄すぎるため、

どれだけ開発しても、まだまだ

伸びしろがあります。

 

では、どうすれば

右脳が活性化するのかと

申しますと、やはり、

瞑想やマインドフルネス、

速読や速聴が効果的です。

 

また、直感に従って

行動し続けるのも、

右脳を活発にします。

 

芸術や音楽にも、

右脳活性化の効果があります。

 

ですので、ぜひ、右脳開発、

すなわち、瞑想、マインドフルネス、

速読、速聴、直感、芸術、音楽を、

日常生活に取り入れてみてください。

 

ちなみに、右脳派の人は、

ぼんやりしてて楽観的なのに、

天才肌が多いです。

 

右脳派の人の特徴は、

どことなく、つかみどころが

なくて、ぼんやりしている

ところがあります。

 

以上、ネガティブに考える人は

左脳の活動が活発でポジティブな人は

右脳が活発というお話でした。

 

 

-瞑想と内観, マインドフルネス, 自己実現, 才能強化と右脳開発, 行動主義心理学

© 2022 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5