鏡の法則 カルマの法則 人間関係 問題解決

他者にクレームを言ったり悪意を抱かなければ自分も言われなくなる(鏡の法則、カルマの法則)

 

他者にクレームを言ったり

悪意を抱かなければ自分も

言われなくなるということに

ついて、解説していきます。

(鏡の法則、カルマの法則)

 

他者にクレームを付けたり、

悪意を抱いたりしないようにすると、

タイムラグはあれど、遅かれ早かれ、

あなたに余計なクレームを

言ってくる人はいなくなります。

 

なぜなら、鏡の法則や

カルマの法則が作用して、

クレームや悪意が減って来る

からです。

 

もともと、クレームを言われたり、

悪意を抱かれるのは、自分自身が

他者に対して、そのような行為を

行ったからです。

 

それがカルマとなって

積まれてしまい、ブーメランのように

自分に返ってきたのです。

 

ですから、今後は、

クレームを言ったり、

悪意を抱かないようにすれば、

新たなカルマは積まれないので、

ブーメランのように返って来る

ことはなくなるのです。

 

ただし、過去に積んでしまった

カルマが存在するので、

それが完全に解消されるまでは、

クレームも言われるし、

悪意も抱かれます。

 

そのため、タイムラグがある

ということであります。

 

もし、普段から、他者に文句を

言われやすかったりする人は、

自分自身こそが他者に文句を

つけてないか振り返って

みてください。

 

他者に文句をつけていることに

気づいたら、まずは、覚悟を持って、

今後は一切、他者に文句は言わないと

決意してください。

 

その後、ずっと文句を言わない

習慣を続けておりましたら、

これまでに積んだカルマが全て

解消された時から、誰にも文句を

言われない快適な環境がやってきます。

 

このように、効果が表れるまでに

タイムラグがあるという点には、

くれぐれも注意してください。

 

このタイムラグについて理解がないと、

「全然、効果がないじゃん」と言って、

諦めてしまう人がいるからです。

 

鏡の法則やカルマの法則は、

天の絶対法則であり、

大自然の摂理ですので、

確実に作用しますが、

タイムラグがあるということは、

知っておいてください。

 

以上、他者にクレームを言ったり

悪意を抱かなければ自分も

言われなくなるというお話でした。

 

 

-鏡の法則, カルマの法則, 人間関係, 問題解決

© 2022 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5