成功哲学 職場の心理学 心理療法 病気と健康

失敗してもミスしても自分を責めすぎたり後悔しすぎないようにする(精神衛生と生き方)

 

失敗してもミスしても

自分を責めすぎたり

後悔しすぎないようにすると

いうことについて、

解説していきます。

(精神衛生と生き方)

 

失敗してもミスしても

自分を責めすぎたり

後悔しすぎないように

しましょう。

 

なぜなら、自分を責めすぎると、

心を痛め、下手をすると

病んでしまうからです。

 

自分を責めるって、

それほど心に良くないのです。

 

たとえば、

誰かが口汚く罵られたり、

徹底的に責め立てられているのを

見た事があると思います。

 

それはそれは、すごいダメージを

受けると思いますよね。

 

それと同じことを

自分で自分にするのが、

「自分を責める」という行為

なのです。

 

したがいまして、

自分を責めすぎて、

心を痛めないように、

くれぐれも注意してください。

 

もちろん、反省は必要ですが、

原因を見極めて、今後、

同じ失敗をしないよう対策さえ

立てる事ができれば、

クヨクヨ落ち込んでても

仕方がないです。

 

過去は変えられないので、

時に開き直りも必要です。

 

クヨクヨとマイナス思考に

なる方が、運勢に悪影響を

与えます。

 

ですから、失敗しても

ミスしても、反省して原因を

突き止め、二度と同じ失敗を

しないようにできれば、

後は、すっきり忘れましょう。

 

自分を責め立てても、

何も得るものがないばかりか、

心を痛めてしまいますからね。

 

たとえば、仕事で大きな失敗を

したとします。

 

当然、上司からも厳しく

注意されるし、同僚にも

迷惑をかけます。

 

でも、謝罪し、原因を突き止め、

二度と同じ失敗を繰り返さない

準備ができましたら、

それでいいのです。

 

それ以上に、

自分を責めすぎたり、

クヨクヨとマイナス思考に

走るから、余計に運勢に

悪影響を与えるということです。

 

心の強い人は、

自分を責め過ぎたり、

クヨクヨしたりせず、

スパッと心を切り替える

技術を持っています。

 

ぜひ、スパッと心を

切り替える技術を身に付けて

いただきたいと思います。

 

「よし!クヨクヨ考えてても

仕方ない!がんばるぞ!」

という気合を入れると

効果的です。

 

以上、失敗してもミスしても

自分を責めすぎたり後悔し

すぎないようにするという

お話でした。

 

 

-成功哲学, 職場の心理学, 心理療法, 病気と健康

© 2022 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5