鏡の法則 引き寄せの法則 生き方 自己実現 運命と人生 幸せの実現

「すでに満ち足りている」と常日頃から考えて満ち足りた環境を創造していく(鏡の法則、引き寄せの法則)

 

「すでに満ち足りている」と

常日頃から考えて満ち足りた

環境を創造していくということ

について、解説していきます。

(鏡の法則、引き寄せの法則)

 

より良い環境を創って

いきたいのであれば、毎日、

「すでに満ち足りている」と

考えると良いです。

 

満ち足りているとは、

不足しているものがなくて、

満たされた気持ちで

日々暮らしているという

意味です。

 

衣食住など、生きていくのに

必要な物が全く不足せずに

手に入り、備蓄もある状態ですね。

 

さらに、精神的にも、

つらさ苦しさか少なくて、

楽しさ嬉しさ、満足が多い

状態です。

 

人生から、つらさ苦しさは、

ゼロにはなりませんので、

少ない状態としています。

 

このように、物質的にも、

精神的にも、満たされた状態が、

満ち足りているという意味です。

 

このような状態を目標とすると、

なかなか幸せな人生を送って

いけます。

 

そして、この世界には、

鏡の法則や引き寄せの法則が

流れておりますから、

常に考えている事やイメージし

続ける事は、やがて現実化します。

 

ですから、もし、毎日、

不足ばかり思っていると、

内面が不足の想いで充満し、

本当に色んなものが不足して

しまう現実を引き寄せるのですね。

 

ですから、不足を思わず

「すでに満ち足りている」と

常日頃から考えて、満ち足りた

環境を創造するのが得策と

言えるのです。

 

では、どのようなタイミングで、

「すでに満ち足りている」と

考えるといいのか。

 

おすすめは、毎晩、

寝る前です。

 

寝る前は、顕在意識から

潜在意識に切り替わりますから、

ここで自己暗示をかけると、

とても深いところまで、

意識に刻印できます。

 

ですので、毎晩、寝る前に、

「私は、すでに満ち足りている」

と繰り返し唱え、頭の中でも考え、

本当に満ち足りた状態を

イメージしてから眠ると

良いでしょう。

 

なお、イメージする時の

コツですが、本当に満ち足りた

気分になり、楽しい気分になるまで

行うことです。

 

楽しい気分になったということは、

脳がイメージを現実と勘違いして

認識してくれたということ

だからです。

 

楽しい気分になるまで、

イメージを行っておりましたら、

早い段階で、満ち足りたと

感じる出来事が、たくさん

やってくるようになります。

 

以上、「すでに満ち足りている」と

常日頃から考えて満ち足りた環境を

創造していくというお話でした。

 

 

-鏡の法則, 引き寄せの法則, 生き方, 自己実現, 運命と人生, 幸せの実現

© 2022 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5