人間関係 因果応報 幸せの実現 成功哲学 生き方 鏡の法則

他者の失敗は処理が終われば忘れよう(鏡の法則と賢い生き方)

 

他者の失敗は処理が終われば

忘れようということについて、

解説していきます。

(鏡の法則と賢い生き方)

 

他者が失敗したとき、

いつまでもそれを覚えている

人がいます。

 

しかし、すでに処理が完了し、

物事が平常に戻っているのなら、

できるだけ早く忘れてあげましょう。

 

なぜなら、どんな人にとっても、

自分の失敗は、できるだけ早く、

他者には忘れてもらいたいからです。

 

できるだけ早く忘れてあげるよう

努力しましょう。

 

もし、他者の失敗をずっと

覚えている場合は、すぐに忘れる

ことができる心に変えて

いきましょう。

 

なぜなら、鏡の法則により、

あなた自身の失敗も、いつまでも

忘れてもらえなくなるからです。

 

過去の失敗をひきずって、

活動がにぶってしまうほど、

非効率なことはありません。

 

他者の失敗は、処理が完了すれば、

できるだけ早く忘れてあげましょう。

 

そうすれば、鏡の法則により、

あなた自身も、失敗をすぐに

忘れてもらえるようになります。

 

もし、他者の失敗によって、

自分に被害があった場合も同じです。

 

謝罪と必要最小限の補償がありましたら、

すぐに忘れることが賢明です。

 

他者からの被害をあげつらい、

相手を何年も責め続けるのは、

鏡の法則の観点からも、

得策ではありません。

 

相手を長年責め続けるというカルマを

積んでしまいますから、いずれ後ほど、

鏡の法則の作用により、自分自身にも

返ってきてしまいます。

 

すると、わざわざ自分で自分の首を

締めるような形で、苦しい人生と

なってしまうのです。

 

鏡の法則の作用をしっかりと理解し、

他者を責め続けたりしない賢明な生き方が

推奨されます。

 

 

スポンサーリンク

注目の記事

-人間関係, 因果応報, 幸せの実現, 成功哲学, 生き方, 鏡の法則

© 2021 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5