魂の成長 霊的な進化 徳を積む 人間関係

相手が小さく見えたら自分の魂の方が大きく成長したと判断できる(魂の成長と霊的進化)

 

相手が小さく見えたら

自分の魂の方が大きく成長したと

判断できるということについて、

解説していきます。

(魂の成長と霊的進化)

 

相手が以前より小さく見えたら、

自分の魂の方が大きく成長したと

判断できます。

 

なぜなら、魂が進化すると

オーラが大きくなるからです。

 

そして、自分のオーラが

大きくなるにつれて、

それに比較して、相手のオーラが

小さいと、その相手が小さく

見えるようになるのですね。

 

成長してこなかった魂を見ると、

実際より小さく見えると

いうことです。

 

実際に、歌謡曲の歌詞などで、

「君が小さく見える」などと

いう表現をよく見かけますが、

これは、オーラの大きさによって、

実際にそのように感じている際の

表現だったんですね。

 

相手が小さく見えるというのは、

空想ではなくて、本当の話です。

 

自分が大きく成長した時に、

故郷に帰りますと、

「あれ?こんなに小さかったっけ」

と家族に対して感じる時なども、

結構ありますよね。

 

いずれにしましても、

自分の成長が相手の成長より

著しかった場合は、

オーラの大きさの関係から、

相手が小さく見えるということで

あります。

 

逆に、相手のオーラが

自分より大きくなっておりましたら、

相手が大きく見えます。

 

その風格に圧倒され、

実際より巨大に見える人が

いますが、そのような人は

莫大な徳を積んできた人です。

 

また、魂が成長し、

オーラが大きくなった人ですね。

 

よく、実際の身長よりも

大きく見える人は、

そのオーラが大きくて、

風格により、巨大に見える

ということであります。

 

したがいまして、人間の大きさ、

魂の成長度合い、オーラの大きさを

見るには、ぱっと会った時に

感じた雰囲気の大きさで、

判断すると良いということです。

 

ここで大切な事は、相手から、

「あれ?何か小さくなった?

縮んだんじゃない?」などと

言われないように、

懸命に人間修行をして、

オーラを拡大し続ける事ですね。

 

以上、相手が小さく見えたら

自分の魂の方が大きく成長したと

判断できるというお話でした。

 

 

-魂の成長, 霊的な進化, 徳を積む, 人間関係

© 2022 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5