人間関係 説得と交渉の心理学

相手の強引な主張には「どういうことですか?」と反論する(説得と交渉の心理学)

 

 

相手の強引な主張には

「どういうことですか?」と

反論するということについて、

解説していきます。

(説得と交渉の心理学)

 

時々、相手が強引に物事を

主張してくることがあります

けれど、そのまま鵜呑みに

してしまうと、相手のペースに

全て引きずりこまれて

不利な契約や約束をさせられる

ことがあります。

 

したがいまして、相手が強引な

主張をしてきましたら、

「どういうことですか?」

「納得できないので、

もっと分かるように説明してください」

と冷静に具体的な説明を

求めると良いのです。

 

この時に、

「そんな強引な主張を受け入れる

わけがないでしょ!」などと

喧嘩腰になってしまうと

色々ともめて面倒になりますから、

まずは、冷静に、

「どういうことですか?」と

質問責めにすればいいのです。

 

そして、返ってきた説明の

矛盾点を一つ一つ追求して

いくのですね。

 

また、一つ一つ根拠を

きちんと説明させると

良いでしょう。

 

「なぜそうなるのですか?」と

質問すればいいのです。

 

「なぜ?」という言葉には、

非常に強い反撃力がありますから、

どんどん、使うようにしてください。

 

このように、冷静に

根拠と理由を追求していけば、

相手の主張が不条理で

強引過ぎることが次第に

明らかになってきますから、

相手もやがて諦めるのです。

 

したがいまして、相手が

強引な主張をしてきても、

感情的になり喧嘩腰にならず、

具体的な説明と根拠を冷静に

求めていけば、それが

最大の反撃となっていく

ということです。

 

 

スポンサーリンク

注目の記事

-人間関係, 説得と交渉の心理学

© 2021 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5